スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝率50%でもトータルプラスが望ましい

c
GBP/JPY 1分足バーチャート

前回と同様1回目のトレードで損きり、2回目で利益となりました。どちらもエントリーポイントは同一にも関わらずです。しっかり節目が完成してからエントリーポイントを吟味しても問題ないはずなのですが、若干焦りが先行しているのでしょうか。

えー、15分足で上昇確認(高値ブレイク)後に1分足でエントリーしたポイントです。赤線が実際は2回目だったのですが、少し前にも同じポイントでエントリーして損きりとなってしまいました。結果的には損きりの幅が浅かったこととなっていますが、吟味が足りなかったのも事実です。

こういう風に押し目や戻り形成後に1分足でブレイクを狙い、その上の時間軸での節目まで利益を引っ張るというのが最近多いですね。これが損失もそれほど大きくならず、利益も伸ばしやすい、「自分なり」の手法となっている感じで、ここ2ヶ月は、このやり方で落ち着いてます。

分析の仕方と波動の読み方は、人によってそれぞれなので、一概にどうなったらこうというロジカルなものはありませんが、それでいいんです。重要なのは、上手くいったときの「精神状態」を再現することと、その状態から逸脱しないことが重要なんだと思っているので。

前回の10トレードで、リスクリワードを意識してトレードするということを課題にしていたんですが、良くも悪くも自分が思った通りの結果になっている感じです。人はイメージした通りの行動を無意識に起こすようになっているのかと思ってしまいます。

・・・ま、枚数を2倍にしているためでもあるとは思いますが。

【トレード結果】

0.2万通貨
③ポンド円 152.61 L → 152.31 -600円
④ポンド円 152.63 L → 153.21 +1,160円

※特に反省点はなし。エントリーを早まった感はあるものの、大きくルールは逸脱していない。損きりもナイスと言ってもいいだろう。



r



スポンサーサイト

判断が難しい

一進一退、非常に判断が難しいです。こういう難しいと思う相場をどれだけ回避して、行けそうな相場を掴むかが重要です。わざわざ難しい時に何を好き好んでトレードする必要があるか。ってことです。・・・ま、結果的にはしちゃったんですけどね(笑)

それはさておき、方向的にはショートの方向だけど落ち方が遅い感じがします。4時間足でみても、安値抵抗ラインを割っている。にも関わらず走らない。こういう時は意外と下値が堅いのかもしれない。方向はあっていたのだが、参入場所を誤ったトレードが1回。それを挽回した形となったトレードが1回。計2回のトレードだったが、1回目のトレードはある意味騙しのようなものだったと思っているので問題ないと思っている。

2回トレードでトータルプラス。前のセットでの反省だったリスクリワードに気をつけつつ、トレードをして行けばきっと大丈夫!自分を信じること。全てはそこから始まる・・・気がする。

【トレード結果】

0.2万通貨
①ポンド円 153.65 S → 153.96 -620円

※参入場所の騙しポイントを掴まされた。でもナイス損切り!


②ポンド円 153.73 S → 153.39 +680円

※下値が堅い、一旦利益確定。でもシナリオ通り。



r


ロット調整期

10トレード目が終了しました。
r

油断してはいけませんが、大分落ち着いてトレードできるようになってきたかなと思っています。トレードを冷静に続けられるかどうかって、自分が上手くできているという精神状況を再現することだと思います。ヤケクソになってギャンブルトレードに走っているときの自分と負けていても冷静さを保ちながら淡々とトレードできているときの精神状況には雲泥の差があると思うんです。要は、淡々とトレードできていたときの自分の精神状態はどうだっただろう?そのときと今は同じだろうか?と問うことで、今はやらない方がいいなとか判断できると思うんです。

決して自惚れるわけではありませんが、ようやくそのときの精神状態を再現し続けることが最近できてきたような気がします。以前のように手法にブレもなくなってきました。今日はトレードチャンスがないなと思えば無理にトレードしなくなりましたし、負けも許せるようになってきました。

きっかけは全てはトレード記録を取るようになってからなのかなと思ってます。トレードで負けたときの考察も記録するようになりました。

・・・結局は、全ての答えは自分の中に眠っている気がします。

【2009/8/6~2009/8/25】
0.1万通貨
①ポンド円 159.55 L → 158.55 0円
②ポンド円 159.45 L → 158.84 -610円
③ポンド円 158.82 S → 158.28 +540円
④ポンド円 158.50 L → 158.94 +440円
⑤ポンド円 157.25 S → 156.64 +610円
⑥ポンド円 155.10 L → 155.37 +270円
⑦ポンド円 156.43 S → 155.73 +700円
⑧ポンド円 154.88 S → 155.40 -520円
⑨ポンド円 154.70 S → 153.88 +820円
⑩ポンド円 154.38 S → 154.08 +300円

10戦7勝2敗1分け
獲得抜き幅: 255pips
勝率:70%
勝ち平均利益: 435円
負け平均損失: 565円
PF: 2.25
POR: 0.76

今後は、勝率を落としてもいいので、リスクリワードは上げないといけないと思っている。次の10セットから枚数を1000通貨増やしてみるつもりです。





100%の弊害

昨日のトレードは一回だけ。最近はだいたい一日に一回トレードチャンスがくればいい方だなと思っています。最近は待つことの方が多いです。そして、よく分からないとき、自分の中での確信が持てない場合はトレードしないように律しています。ここに来てようやく待つことに対してようやく慣れてきた感じがします。
そりゃあ、時には負けトレードもあります。当たり前です。だって、この世に100%のことなんてありはしないんですから。

・・・でも、人間って不思議で、なぜか100%を求めてしまう。
ちょうど、恋愛で絶頂期にいる状態がこの先もずっと続くと信じてしまうように・・・。

僕は100%を求めるべきではないと思っています。なぜって?100%になってしまったら、とんでもなく放漫な人間になるし、何より面白くないでしょう。

100%であることは努力や他の可能性を探るチャンスが奪われてしまう気がします。だから、100%でなくていいし、100%を目指しても100%であってはいけない。

今はそう思っています。




【トレード結果】

1000通貨
①ポンド円 154.88 売り → 155.40 -520円

※ナイス損切り!!

しばらく順行していたがトレンドが転換してしまった。ただし、リスクリワードを考えたら薄利決済するわけにはいかなかったのでこれで良かった。負けもシナリオの一部なのでシナリオ通りで損きりになったというだけ。利益であっても損失であってもその事実に大差はない。


1000通貨
②ポンド円 154.70 売り → 153.88 +820円

※シナリオ通りのリカク


r




無心で・・・

c

15分足の流れを読みながら、1分足でのエントリー。
一回目のトレード時のチャートは載せていませんが、上記は2回目トレードで使用したブレイクポイント。赤線割れで売り(青マルから青マル)でクローズ。

このやり方自体で落ち着いてきた。ただし、波動を読むのに使用している15分足の形状によって売り買いを使い分けているので、ロジカルなルールはないけど。まあ、それでいいんじゃないかな?とも思ってきました。それよりも、一回一回のトレードをどれだけ丁寧に吟味してトレードできるかの方が遥かに大事なことなのかも。

【トレード結果】

1000通貨
①ポンド円 155.10 L ⇒ 155.37  +270円
②ポンド円 156.43 S ⇒ 155.73  +700円


r




トレードパターン

pt15
GBP/JPY 15minバーチャート

pt1
GBP/JPY 1minバーチャート
※15分足赤マル部分の拡大

最近の僕のトレードパターンです。
まず、4時間足や1時間足でのトレンド方向を確認します。トレンドの定義はダウ理論を元にしています。仕掛ける時は小さい足を使います。僕がよく使うのは15分足です。この15分足でトレンドが発生した場合(ダウ理論で)、つまり、上昇ならば高値ブレイク、下落なら安値ブレイクした場合、このブレイクを狙うのではなく、ブレイク後の戻しを狙うのです。

例えば、15分足の赤マルの部分で言うと、直近157.40の安値をブレイクしています。長期的にはわかりませんが、短期的には下値を追っているなと考えるわけです。そして、予想通りブレイク後に戻しました。このとき、トレンドはまだ継続しているという仮説を元に1分足で押し目を確認します。

1分足では押し目A、Bを形成していますよね。トレンドフォローブレイクアウトは、時間足の大きい方向へ仕掛けるものなので、この押し目を割れたら下落再開するだろうと考えてBの押し目割れで売りを仕掛けます。なぜかというとブレイクアウトトレンドフォローの仕掛けポイントは押し目だからです。

そして、ストップは高値Cの上に置きます。その後2,3時間のちゃぶつき(もみ合い)を経てようやく下落しました。結果的には、このちゃぶつきを我慢する必要があったのですが、しっかりとCを抜けるまで売りで行くということを頭に入れておけばリカクできたトレードとなるはずです。

大抵はこの押し目を割れた辺りから、下落が加速することが多いのですが、たまにこういったもみ合いになり、これがキッカケでトレンドが転換することもあります。そのときはダメだったと諦めるしかありません。

最近はこのやり方が主流です。ブレイクアウトの応用ですね。純粋なブレイクアウトはよほど抜けるだろうという状況にならない限りやらないことにしていますので。


連休終わり

お盆休みも終わり、今週からまた一週間が始まります。
この2週間でトレード回数は数回しかありませんでしたが、落ち着いてトレードできていると思います。やはり、問題となるべきところは、損失を計上したときの心理状況が次のトレード結果に大きく影響を及ぼすというところです。ここを重点的に解決していくようにして行こうと思います。

【トレード結果 8/10~8/14】

①ポンド円 159.45 L → 158.84 -610円
②ポンド円 158.82 S → 158.28 +540円
③ポンド円 158.50 L → 158.94 +440円
④ポンド円 157.25 S → 156.64 +610円


r




調子が戻ってきたかな?

c
GBP/JPY 15min

昨日と今日で2トレード。ようやく調子が戻ってきたかな?といったところです。
トレードでは調子のいいときよりも、調子が悪いときにいかにその時期を乗り切るか、やり過ごすかが重量ですね。大抵何やっても勝てるときってのは誰にでもありますし、それと同じぐらい何をやっても負けるときがあると考えたら、負けるときの損失額をどれだけ圧縮できるかがカギになりそうですよね。

トレードでは上値追いでのロングと高値圏で調整を狙ってショートの2回やりましたが、今日、高値Aを突破しているので、方向的にはやっぱり上値追いのようです。戻したところを丁寧に買っていく方針で行きます。

【トレード結果】

①ポンド円 1000通貨
新規買 161.25
決済売 161.56

+310円

②ポンド円 1000通貨
新規売 161.35
決済買 160.70
スワップ -1円

+649円



r

トレードを終えて

c
GBP/JPY 15分足

先週の金曜日は、会社の同僚と焼肉だったのでトレードはありませんでした。久しぶりに食べたお肉でしたが、とてもおいしい焼肉で生きてて良かった・・・って思えました(笑)

・・・帰宅後はチャートを見ましたが、どのみちエントリーする場所はなかったようです。Aの高値をBで更新しましたが、その後、それを打ち消すような安値Cをつけて反発。この後はレンジに突入するのでしょうか?それとも上昇継続?はたまた調整で下落か?いずれにせよ、方向が出たところについていくのみです。

【トレード結果】

なし!



現在の閲覧者数:
アクセス数:

プロフィール

たみー

Author:たみー
FX暦だけは無駄に長い。
2010年に30万だけ勝ち逃げしてから相場から離れていましたが1年ぶりに返ってきました。


【相場暦】
 2006/4からFXを開始し、2010/1現在のFX投資暦は約3年半。
FX⇒225先物⇒商品先物⇒225オプション⇒FXという経緯。
なぜか、現物株や投信などの経験はなし。

【トレード年表】
2006/4~
外為どっとこむで1000通貨からトレード開始。
手数料があり、スプレッドも広かったのでデイ~スイングでトレードしていた。NZドル円を1万通貨単位でデイトレードしていた。この時期はそこそこ勝っていた・・・気がする。

2007~
いろいろなテクニカル手法、情報商材、ブログの手法を試す。
最初の頃より勝てなくなっていった。強制ロスカットはなかったが、資金は徐々に減っていく。損切りだけは必ず守っていたが、損切り貧乏で資金がショートする。

2008~
システムトレードに目覚めた。エクセルやシストレ商材を購入し、検証とトレードを繰り返すも、トレード開始直後にドローダウンに幾度となく遭遇する。トレードよりも検証にはまっていた時期。トレード自体は少なかったが、プラスになることはなかった。。。

2009~
システムトレードを見切りをつけ、再度裁量トレードに戻るも、基本的にトレードルールを守れない上に、そのトレードルールがない状態。当然資金は減る一方。後半はForex Testerとデモトレードで裁量トレードを練習し、デモではそれなりの結果が出せるようになった。

2010~
5万円からリアルトレード再開。
Forex Testerでリハビリ後、数ヶ月の停滞期を経て、プラス圏内に浮上。ようやく安定性が上がったトレードができるようになってきた。…というより、自分自身と向き合えるようになってきた?

2010~2011
状況の変化により、一時トレードを休業

2011/8~
少し余裕が出てきたので、トレード再開。

【取引手法】
負けても勝っても1日1回のみエントリー。
主にボラが高い時間帯に動いた方向へエントリー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。