スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引かされることを想定して

c
GBP/JPY 1分足

ブレイクアウトはブレイクしたあと突っ走っていくよりも、一旦戻して再度ブレイクすることが多いです。一旦引かされるとそのトレンドに乗り続けるのは結構しんどいので、15分足でブレイク確認後に一旦戻したら、1分足の押し目(戻り)をブレイクしたら15分足のブレイク方向にエントリーするという方法を試してみました。ちょうど上の画像にあるAとBの位置です。この位置は15分足で高値をブレイクした後、戻したところです。どちらも上手く勝ちにつなげられました。

4Hで大まかにトレンドを見て、15分足のブレイクを確認。その後の戻りを1分足で見て、タイミングを取る・・・。これなら大きなトレンドを捕まえつつ、リスクを減らせるのかな?と思っています。

【トレード結果】

①ポンド円 1000通貨
新規買 156.39
決済売 156.74

+350円


②ポンド円 1000通貨
新規買 157.49
決済売 157.69

+200円



r




スポンサーサイト

ドローダウン

c
GBP/JPY 15min

ついにドローダウンが来ました。欲張りすぎたのが原因です。途中で利食いしておけば、ここまで悪化しなかったはずです。ですが、ここでやり方を変えるとまた二の舞になるので、逆にここは落ち着いて、じっくりと次のエントリーポイントを探るようにしたいと思います。

今のところ、よさそうなエントリーポイントはみつかりません。ここはしばらく様子見としたいと思います。とりあえず、上値157.40~155.30のレンジとみるのが自然かもしれません。目先は上値追いかな?とも思われますが、155.30割れすると下落幅が大きそうです。ここを狙ってみてもいいかもしれません。

【トレード結果】

①ポンド円 1000通貨
新規買 156.49
決済売 156.09

-400円


②ポンド円 1000通貨
新規買 157.03
決済売 156.09

-940円


r




連敗

c
GBP/JPY 15分足

Aの位置に逆指値買いを仕掛けておいたら、週明けのギャップで約定し、その後、急落で持っていかれました。Bの位置を突破されたときのオーダーも入れておいたので、その後の戻しでダブルパンチとなりましたが、まあ、仕方ないといえば仕方ないです。ルールを無視したわけじゃないので。ただ、今後は週明けのオーダーは控える予定です。

その後、Cの位置で再度買いを入れて、現在は買いポジションを保有中です。このポジションは指値を思いっきり上においてあります。

【トレード結果】

①ポンド円 1000通貨
新規買 156.32
決済売 155.30

-1020円


②ポンド円 1000通貨
新規売 155.49
決済買 156.02

-730円


r

上手くいくときといかないときの違い

トレードで上手くいくときといかないときの違いってなんだろうとな?とふと思ったので、考えてみました。
 僕の場合、新しい手法を試しはじめたときは調子がいいのに、なぜか日を追うごとにトレード成績がボロボロになっていく・・・というようなことが大半ですが(笑)

そこで、せっかくブログをつけているのだから、過去にさかのぼってトレード成績がズタボロになる要因を探ってみました。


① スキャルでトレードを始める・・・が上手くいかなくなるとデイトレ、スイングになる。

② しばらく順調にトレードする・・・がデイトレ、スイングではトレード回数が少ないため、その物足りなさを解消するために再びスキャルへ。

③ スキャルに戻り、しばらく順調に利益を出す・・・がスキャルで損失を出すと、その損失を補填するために再度、デイトレ、スイングになる。

④ やっぱりデイトレ、スイングが自分にはあってる!ということで、これまたしばらく順調に利益を出す・・・が利益に満足がいかず、結果、枚数を増やしてドボン。

⑤ やっぱり、リスクの少ないスキャルだ!となりまたスキャルに戻る。今度は前回の反省を生かしてトレードノートとトラックレコード(成績表)をつけ始め、これまたしばらくは順調に推移する。・・・が、もっともっとトレードして早く利益を沢山出したくて今度はルールを破りに走り、ドボン。

⑥ やっぱり、スキャルは向いていない・・・でまたデイトレ、スイング方式に戻る。ついでに今度は手法も見直そう・・・。

⑦ おお、この手法が上手くいくようだ。これなら・・・としばらく順調になるが、この調子をスキャルに生かせばもっと稼げるのでは?と思い、またスキャルに戻る。

⑧ ①へ戻る・・・



ってな感じなんですが・・・。


・・・えーとですね・・・

・・・なんというか・・・

・・・自分がどんだけ愚かなことしているのかわかりました。


結局のところ、わかったことは。

①スキャルは向いていない。
②枚数を増やすとドボンとなる可能性が上がる。
③ボジボジ病
④デイトレ、スイングの方がマシ。


つまり、現在のトレードで上手くいっている要因として、スキャルでもなく、枚数も少なく、デイトレ方式でポジションを取る回数も少ない。

よって、とりあえず順調ということのようです。

・・・ということは。

ここから先の予定は、枚数を増やしてドボンになり、またスキャルに戻って負け続け、その損失を取り戻すべく不毛な手法の模索と負けトレードスタイルである状態を維持するために、同じ轍を踏む可能性があるということなのか!?



なんてこった!?でも、今度こそ、その流れを阻止してやる。
流れを正のスパイラルへ持っていくんだ・・・。


ってなことで、とりあえず、スキャルに戻るべからずーの、枚数を一気に増やすべからずーの、トレードしたがらずーの、いろんなトレード手法追わずーの・・・です!!


来週からのトレードも、ここ10日間でやってきたトレードと同じようにトレードすること!これがキーワードです。

これ即ち、一つのトレード手法と、一つの通貨に集中し、常に分析を怠らず、シナリオを組み立て、自分の頭で考えたトレードをすることです。

そろそろ、負けトレードスタイルを維持しようとする自分と、勝ちトレードスタイルを作り、それを維持しようとするもう一人の自分が世代交代するときです。





10トレード終えて・・・

c
GBP/JPY 15分足

昨日は、会社のイベントがあって帰宅が遅くなりました。お酒も入っていたのでトレードは見送りました。といっても、自分がこうなったらエントリーしようというような形にはなってはいなかったのでチャートを眺めていたとしても、きっとエントリーしなかったでしょう。

今後の展開ですが、僕の判断では4h、日足では上昇トレンドです。この流れが引き続き継続すると見て、15分足でエントリーポイントを探るならば、現在のちゃぶつきポイントは先日エントリー基準としての押し目ですのでここでもみ合っています。トレンドフォローブレイクアウトを仕掛けるなら絶好の機会ではないかな?と思ってはいます。


さて、エントリーシート1枚目がすべて埋まったので、成績の集計と反省点を出し、自己評価したいと思います。

【2009/7/14~7/24までのトレード結果】

①GBP/JPY 売り -210円
②GBP/JPY 売り -120円
③GBP/JPY 売り +440円
④GBP/JPY 買い -300円
⑤GBP/JPY 売り +550円
⑥GBP/JPY 売り +280円
⑦GBP/JPY 買い +900円
⑧GBP/JPY 買い -750円
⑨GBP/JPY 買い +1001円
⑩GBP/JPY 買い +720円

抜け幅合計: +251pips
利益合計: 3,891円
損失合計: -1,380円
損益合計: 2,510円
勝率: 60%
平均利益: 648.5円
平均損失: -345円

今回はまあまあよし!の結果だと思っていますが、上手くいったトレードの後はドローダウン期が来るというのがマイパターンですから、ここからさらに気を引き締めないといけません。
良かった点は、どのエントリーポイントで仕掛けるか?仕掛けた場合のリスクとリターンを考慮したか?損失になっても事前にシナリオ通りに運べたか?の点に関してはほぼ守れたというところです。そしてここは褒めていい点だと思うのですが、何よりもエントリー回数が10日間で10回だったということで、ちゃんと吟味してトレードした表れかなと思ってます。

 で反省点なんですが・・・というかこれは永遠の課題なんでしょうが、やはり利をどれだけ伸ばすかにかかってると思います。あとは引き続き計画的なトレードを心がけ、トレードの有無にかかわらず分析力の向上を図り、慢心せずにトレードしていければと思います。




c
GBP/JPY 15分足

相場が面白くなってきました。昨日157.02で決済したところから30ポイントぐらい上がった後、ほぼ天井となってその後下落しています。すごい運のいい決済ポイントでした。

僕の見立てでは4hでは上げです。再度上げを狙うなら、下落した際の戻り高値を基準にブレイクアウトとするのですが、上下動が激しいので微妙です。ここから上昇分を全て戻す可能性もあるかもしれません。従って、ある程度は下落するだろうと予想して、下げを狙うのもありだとは思います。僕は下げを狙う場合、Cの押し目を割れてセットアップと行きたいです。Dにも押し目があるのですが、戻り高値が最高値を抜けていませんので、確実なエントリーポイントとするなら、Cの押し目割れとみています。

さてさて、どうなるかな?



上値追い

C
GBP/JPY 15分足

予想に反して、上値追いの姿勢になってきましたね。前回の高値156.30付近をトライするなら、上昇すると見て、156.31で買いを入れました。その後順調に順行し、上げが鈍ったかな?と思われるところで決済してしまいましたが、その後まだあげていますね。でも、まあまあ利益を取れたのでよしとします。これで、エントリーシート1枚分のトレードが完結しました。

エントリーシートは一枚10トレード分記載できるように作成しています。1ページが10トレードずつなのは、勝率など簡単に集計できるようにとの配慮からです。実際の集計は月ごとにやっていくつもりですが、現段階では、勝率60%とまずまずの結果で、損小利大にもなってます。この調子でいけたらなーと思います。

さて、これからの相場予想ですが、とりあえず、上値メドは、158.50。そこを抜けたら、160円といったところでしょうか?その辺りで調整が入り戻すと睨んでいます。ここでも今まで同じように最高値をつけた押し目をブレイクした後、そのときにつけた押し目をブレイクで売りという戦略を考えています。その後は再度上値トライという感じでしょうか?とにかく常に分析してシナリオを立てるということを怠らないようにしていくつもりです。


【トレード結果】

ポンド円 1000通貨
新規買 156.31
決済売 157.02

+710円


R







シナリオ通り

C
GBP/JPY 15分足

予想通り152.30付近で反発しましたので、予定通り、反発後につけた戻り高値をブレイクアウトポイントにして買いました。ポジションを取ったのが、昨日の夜だったのでオーバーナイトし今朝決済しました。ここから上値を追う展開になるのでしょうか?4hでヘッドアンドショルダーを形成するのでは?と思っていますが、上値追いの展開になる場合は素直についていこうかと思っています。

【トレード結果】

ポンド円 1000通貨
新規買 153.91 
決済売 154.91
スワップ +1

+1,001円



R



次のエントリーポイントを探る

A
GBP/JPY 1H

A→B→Cと高値が切り下がってるけど、一旦Dの安値で反発することを予想しています。今回の下げを考えると、1H足-4H足でヘッドアンドショルダーを形成して中期的には下げになる公算が高いと分析しています。まずはDで反発するか?その後、トレンドが転換した場合、つまりDで反発したときにつけた高値を上抜けしたら買いで行きます。その場合、上値メドは155円辺りで利食いをする感じで。ただし、リスクリワードがよくない場合は無理せずに見送ることとします。


気の緩みが一番の敵

R
GBP/JPY 15分足

4hが上げトレンドだったので、戻り高値ブレイクでトレンドフォローと行こうと思い、155.05で買いを狙った。その後順調に上昇したのだが、途中から急落。ロスカットとなってしまった。リターンは、290ポイントぐらいを狙っていたので、今回のロスカットは名誉の負傷だと思っているが、前日のトレードがうまくいったために気が緩んでしまったのも事実。相場の行く末は相場しかわからないのだから、少しでもこれから上手くできそうだなんて甘い考えを抱いた罰ですね。これは。

いい薬になりました。


【トレード結果】

ポンド円 1000通貨
新規買 155.05
決済売 154.30

-750円


損失はででーんと書いて自分の戒めとしないとね♪

RR



一旦調整か?

15min
GBP/JPY 15分足

4h
GBP/JPY 4時間足

結果的に昨日は絶好のタイミングで仕切ったことになりました。なんとく怪しいので決済というのはよくない気もしますが、最近はなぜかこの「なんとなく」が結構的中しています。単に運がいいだけだろうけど・・・。一応、単に利益を失うのが怖いから仕切ってるわけではなく、他の時間軸と照らし合わせて節目と思われる部分でちゃぶついているときは、ダメかな?と思って仕切っているのでそこまでテキトーなわけじゃないのですが・・・。

それはさておき、この後の展開が気になります。僕は大きなトレンドは4時間足でチェックし、タイミングをはかるために5分足、15分足で仕掛けています。今のポンド円の4時間足は上昇トレンド継続だと思っているので、ここは調整の度に形成される戻り高値をチェックし、一旦下げ止まったかな?と思われる水準で仕掛けるつもりです。

今のところのその仕掛けるポイントがどこになるかは判断できませんが、じっくり観察し、戦略を練った上でポジションを取るつもりです。ということで、今日は様子見となる可能性が高いかな?


イメージ通り♪

C
GBP/JPY 15分足バーチャート

155.20の高値を抜けたら、上がると予想し、155.21で買いを実行しました。本当は、金曜日の終値の時点でトレンド転換を示唆していたので買いたかったのですが、寝坊してしまい絶好のタイミングを逃してしまいました。さすがに買いをロングというだけあって、上昇にかかる時間は”長い”ですね・・・。僕は途中で利食いしましたが、おそらくもう少し上がるのでは?と思ってます。にも関わらずポジションを切ったのは、4hで抵抗線付近に差し掛かっているのが気になってです。

おそらくここを突破できれば、158円まで上がるかな?と思っていますが、無難な位置で利食いしました。

チャンスはいくらでもあると思うので今日のトレードはこれで終了です。


【トレード結果】

ポンド円 1000通貨
新規買 155.21
決済売 156.11

+900円


※まだ上昇しそうですが、この辺りで逃げます。結果としてはまあまあかな。

R



次のチャンスは?


c15
GBP/JPY 15分足

c15h
GBP/JPY 60分足

先週は、調整を睨んで売りのブレイクアウトを積極的に仕掛けましたが、意外にも底堅い感じがしました。来週はこのまま高値を追う感じになりそうな気がしています。

僕は15分足で一つ手前の赤線抵抗線をブレイクしたことから、売りは終了とみています。そして、そのときつけた赤線高値をNY引け前にブレイクしています。その後ちょっと戻してはいますが、ここはエントリーしたいタイミングです。(週末越えのポジションは持ちたくないので持ちませんでしたが)月曜日は祝日で東京タイムは閑散相場になるかもしれませんが、必ず前回の高値である155円は狙ってくるのでは?と思っています。

ここには載せていませんが、4時間足での155円も重要な転換ポイントになっていると僕は分析します。特に日本は衆議院解散も控えており、時期政権を民主党が取るかどうか大きな節目となっています。これが相場に影響するかどうかはまだわかりませんが、政治的な要因から日本円が売られる可能性もありそうなので、高値追いとなるかも・・・。もし売りで入る場合は慎重に入る方がよさそうです。


トレードしなくても分析を・・・

60mg
GBP/JPY 60分足バーチャート

5mg
GBP/JPY 5分足バーチャート

これからは次のチャンスはどの辺りか?どこで仕掛けて、どこで利益確定させようか?どこまで引かされたらぶった切るか(損切りするか)、リスクとリターンのバランスが適切か?想定されるリスクは受け入れられるか?などを常に考えてトレードするようにします!
例え、トレードチャンスがなくても、常に分析しておくことでより高い精度のトレードができるように自分自身を高めていけるように。

これまでの失敗の経緯を見ていますと、大きな要因はポジション量の過多。「買う」「売る」「待つ」の中の「待つ」が出来ていないのが原因ではないかと自己分析しています。ポジション量の過多は、1トレードにおけるリスクを投入資金の5%以内に抑えるようにし、「待つ」に関しては常に分析を怠らないようにすることで回避しようと思います。


さて、ポンド円ですが、昨日の利益確定後に揉み合い、153円で2回ほど跳ね返されていました。そして今朝また、153円をトライしようとする動きがあります。ここの支持線は死守できないだろうという仮説を元に153円で逆指値売りを仕掛けてみるのも面白そうです。

その先にある次の支持線は、152.30と分析しますが、この場合はリターンは70銭です。ストップの設定値が70銭を超えるなら見送られるのが賢明かと思いますが、その次の支持線の150.80。これを狙うなら、2円20銭のリターンを見込めます。ここを狙うかどうかは別として勝負してみる価値はありそうかなと思っています。


【トレード結果】

ポンド円 1000通貨
新規売 153.00
決済買 152.72

+280円


下値の異様な堅さに早期撤退。初期の152.30付近が支持になる説が有力になりそうだ。

r


作戦を練ります

uc
5分足 バーチャート

5分足赤線安値をブレイクしそうです。この赤線を割って、その後につけた安値をブレイクしたら売ろうと思います。一昨日大きく上昇したことを考えれば調整もある可能性も高いかも?と思っています。

目標はダブルボトム形成時にこの辺りが抵抗帯となっている可能性が高いと見て、そこで決済・・・かな?ストップは適宜戻り高値を形成する度に修正とします。
uc
60分足 バーチャート



【トレード結果】

ポンド円
新規売 154.00 1000通貨
決済買 153.45

+550円


目標は150ピピだったけど、下値が堅いという感じがしたので、成り行きで決済しました。その後、怒涛の戻しを見て結果的にグッジョブでした。・・・ま、5時間粘ったんで、ビビリ決済とは思ってないです。一応イメージ通りってことで。


r


デモ終了・・・今日からリアルでやります!

今日でデモトレードを終了します!やはりデモは本気度がなく、グダグダ感満載なのであんまり実にならないような気がしてきました。リアルでは、1000通貨単位でやります。

・・・っていう下りを今までどんだけの間続けて来たんだろうかと一人で突っ込んでみた(笑)
なんだか、知識をつければつけるほどトレードでは勝てなくなるという現実・・・。


あ、ちなみに最終的な結論ですが・・・
RCI×ボリンジャーバンドは肌に合いませんでしたとさってことです(笑)

自分で納得したやり方で自滅する方が本望だと感じました。
あ、でもRCI×ボリンジャーバンドの手法がダメというわけではないです。
単に自分には合ってないってだけなので、その手法がピッタリはまる人もいるはずですから。

さて、これからどうしよう・・・。
とりあえず、テクニカルが何も表示されていないバーチャートをじぃ~っと眺めてみるところから初めてみようかと思います。

ダブルボトム?

UC
60分足バーチャート

60分足バーチャートで見ると、ボンド円がダブルボトムっぽいです。
5分足でタイミングを見ながら短期的に押し目買いで行くほう良いかな?

昨日は50万通貨で売買。
①ボンド円 151.69売り → 151.90 決済 -21万
②ボンド円 151.68売り → 151.80 決済 -12万
③ボンド円 151.49売り → 151.05 決済 +44万
※デモです。

薄利・・・

ポンド円、144.73買い→144.80決済、144.60売り→144.38決済を50万通貨で。+14.5万(デモ)

淡々とドライに行きます。

上げが弱い

昨日寝る前にとったロングのポジションは、上げが弱いので今朝決済しました。93.08でした。+33万(デモ)


本日最後のトレード 買い!

uc3
USD/JPY 60分足

RCI9がー80%圏に来ましたが、下げ幅が落ちてきたので、93.75で120万通貨(デモです)買いを入れてみました。RCI26と52が上向きになってきたので、ここらが底値かな?指値は思い切った場所に入れてあります。今日はこれで最後のトレードになりそうです。

ここのところ、60分足チャートを結構見ています。引き続き、どういったポイントが良いか過去のチャートに照らし合わせてシミュレーションを続けていこうと思います。


おやすみなさい・・・zzz

売り。三度目の正直!?

もう一度しつこく、売り。60分足チャートの中心線でもみ合っているので上げる勢いはなさそう。再度安値を伺う展開を期待!

93.14 売り。 120万通貨(デモ)

追記

93.12 ストップ約定

93.25でしつこく売り

15分足、30分足のRCI9が+80%になったので、再度売り。ストップは、93.35に設定で再度93円割れを狙います。

追記 93.35でストップ約定 -10万(デモ)

上値追い継続の状態になりそうなので、売りは控えて買いで勝負しようと思う。

なかなか下げないね

UC2
USDJPY 60分足

なかなか、下げないので一旦決済。+29万(デモ)
短期的には売りと思うけど、またタイミングを見て売りで入るのがいいと思う。もしかしたら、+2σ辺りまで上がるかも・・・。

追記 15:40

再度売り。 93.16
今度こそ93円割れるか?


93.30 決済
-14万

しばらく様子見かな。


中心線で売り!

UC
USD/JPY 60分足

60分足RCI9が+80%以上、ボリンジャーバンドの中心線付近が、前回の安値93.54と一致するので、ここは売りと思う。5分足RCI9,26,52がそれぞれ+80%圏にタッチしたタイミングを見て売りを仕掛けました。利益目標は60分足RCI9がー80%に来るまで。


チャート研究

SAMPLE
USD/JPY 60分足

過去のいろいろなチャートを見て、シミュレーションしています。RCI3本表示させていると、現在がどちらの状態なのか判断に迷いますが、じぃ~っと研究し、どういうポイントが有効なのかをみつける手がかりになるかもしれないと思い眺めてみた考察を書いてみます。

基本は、RCI52は0%以上で上昇している場合は買いが優勢、逆の0%以下で下降している場合は、売りが優勢ととれそうです。RCI52の向きだけで、買いと売りを判断すると逆張りになる傾向が高くなりそうなので、あくまで、0%以上か以下でおおまかに判断するほうが無難か。RCI26はあくまで補助的に使用。RCI52とRCI26が同方向を向いている場合は、RCI52が0%以上か以下を考慮するよりも、強い判断とした方がよい・・・?

注意が必要なパターンは、RCI52、26が同方向を向いているのにかかわらず、価格が反対の動きをしている場合。これは直近のトレンドが継続と見る。そして、あくまでトレードの参入タイミングは、RCI9ではかるようにする。RCI9はー80%もしくは+80%で参入するのが理想ですが、トレンドが強い場合は、±80%に達せずに折り返すことが多いようです。その場合、ボリンジャーバンドの1σもしくは、中心線付近にいることが多く。5分足や15分足でタイミングを取って参入するか、折り返したタイミングで順方向にポジションを取るかということになります。

RCI52、26、9がともに80%圏にある場合、多くが天井圏付近となるようですが、RCI52と26が向きを変えるのを確認してからエントリーしても遅くはないようです。安易に天井・底値と判断してポジションを取ってしまうと、逆張りになり、そのまま順行してしまう悲劇に見舞われることがあります。

エントリーする場合は、60分足を基準にし、精度を高めるために15分足や5分足の押しや戻りを活用する。ストップはドル円で30pipsをMAXにして、順行後は、ストップを切り上げ、建て値に修正。
多くの場合、建て値決済になる可能性が高くなるが、できるだけ、分足でエントリータイミングをはかってエントリーすることで、ストップが刈られるのを防ぐようにすべき。

RCIは非常に多くの情報を含んでいるため、実際使用してみるとかなりその判断に迷うことが多いです。そこで、より多くのチャートパターンを観察し、自分なりのやり方を見つけることが必要だなと感じました。つまり、システムトレードのようなノリでガチガチに固めたルールのように、RCI52、26、9が80%なら買い・売りというような使い方をすると上手くいかない気がしました。実際、RCIとボリンジャーバンドで投資されている方々のブログを拝見しても応用されて使用しているようです。従って、RCI3本から総合的に判断する力を養う必要があるということなのだと理解しました。

後は努力あるのみ。地道にやっていく他ないと思っています。


買いはプラマイゼロ撤退。やはり下値追いか?

UC2
USD/JPY 60分足

15分足で、タイミングをみて、95.12で買ったものの、上げきれず。95.13でほぼプラマイゼロ撤退でした。RCI26が下向きかかってるので、昨日と同じように下値追いが継続されるか?というところかな。60分足RCI9と26が同方向を向いたタイミングで、5分足でポジションをとってみようかと思います。

ただ、60分足RCI9がー80%圏付近で、安値を割れない場合、下値が切り上がるので注意が必要かも。そのタイミングRCI52はおそらく上を向いてる可能性が高そうなので、買いになるかもしれない。うーん。判断に迷います。いずれにせよ、様子見。


タイミングを見て買いを入れてみる?

UC
USD/JPY 60分足

ようやく底を打った感じかな?RCI26が上向き、RCI52も上向きそうな感じになっています。現在RCI9、RCI26ともに上向いているので、15分足でタイミングをみて買ってみるか?一旦上値の抵抗は、95.70付近となる可能性が高いかも!?こまめな利益確定で対処して行く方針で。

次のチャンスはどこかな?

UC
USD/JPY 60分足

ドル円が下落していますね。RCI52下向き、RCI26、9ともにー80%圏に近づいているので、前回の安値の94.90付近が底になる可能性がありそうな気がします。ただし、そのまま下値をブレイクする可能性もあるので、状況を見て買いを入れてみようかと思ってますが、もし、底が割れた場合は、RCI9で戻り売りに徹することになりそうです。

投資で成功されている方々のブログを拝見すると、みなさんは大体チャンスがくるまでとことん待ち、条件が揃わない、チャートが自分の納得の行く形になってない場合はトレードしないということを守ってらっしゃいますね。一日に何回トレードするとか決めずにただひたすらにチャンスを待ってトレードすることがいかに大事なことなのか知らされます。

買う、売る、待つ。

です。

自己分析してみました

USD/JPY 60分足
UC
最近のトレードを振り返ってみました。
は買い、は売り、黒の↑または↓は決済となっています。この中のすべてのトレードを行ったわけではありませんが、ほぼその通りとなっています。・・・が、しかし、資金はまた振り出しの300万前半に(何やってんだか・・・)。エントリーと決済位置は文句なしなのに上手くいかなかったのは、60分足で見ておきながら、なぜかスキャルピングまがいの行為に走ったからです。

僕はその手法が上手くいっている状態が続くと、そのまま続ければいいのに、なぜかルールはそのままでタイムフレームを短くして、「もっとチャンスが出る状態を作りたい!」と思ってしまうようです。その結果、小さな値動きに翻弄されて、損失を計上。・・・それって、このRCI×ボリンジャーバンドじゃなくても、考えて見れば、おんなじようなことを今までやってたわけだから、手法変えたってダメだよね。本当に克服すべきところはそこになのに・・・。

ただ、手法そのものが自分にあっているものなのかどうかというのも同時に考えていませんでした。さる張り的に言うと(懐かしいw)腹を据えらるのか?ってことです。

ルール(手法)って、守るのも大切ですが、そもそものルールが「守れるルール」である必要があるだよね。自分の性格がせっかちでポジションを持ったら眠れないぐらいの人なら、短期でやればいいし、ポジションを持ったことすら忘れるぐらいのんびりしている人はスイングにすればいい。超短期は値動きに翻弄されるが、スイングのように流暢に待つこともできないなら、デイトレ。

僕は、短期のスキャルピングは集中力がないので何度もトレードできないし、ポジションを持ったら放置してしまうことがあるので、この時点でスキャルピングには向いてないことになります。でも、スイングほど気長に待つのみ苦手。そしたら、数時間かその日で終わるデイトレが一番向いているだと思ってます。あれもこれも手を出しても勝てるわけがない。一度、自分の一番の得意な手法でどれか一つだけの通貨をじぃ~っと観察して極めるようにしていこうと思います。


↓大分減ってしまいました。

UCR


3度目の正直

2回買いを仕込んでうち1回ストップ。もう一回は自らの手でダメかなと思い小幅損で決済。
2歩下がって1歩進むでも、進むときの1歩はなるべく大きくしたいよね(笑)

デモなのをいいことにダイナミックな枚数で取引してますが、
ダイナミックな枚数でも、エントリーのタイミングはちゃんと吟味してますよー^^

ドル円はゆったりなので、30ポイントのストップでも結構ひっかからないですね。
ポンド円だと瞬殺されることが多いけど・・・。


UCR

現在の閲覧者数:
アクセス数:

プロフィール

たみー

Author:たみー
FX暦だけは無駄に長い。
2010年に30万だけ勝ち逃げしてから相場から離れていましたが1年ぶりに返ってきました。


【相場暦】
 2006/4からFXを開始し、2010/1現在のFX投資暦は約3年半。
FX⇒225先物⇒商品先物⇒225オプション⇒FXという経緯。
なぜか、現物株や投信などの経験はなし。

【トレード年表】
2006/4~
外為どっとこむで1000通貨からトレード開始。
手数料があり、スプレッドも広かったのでデイ~スイングでトレードしていた。NZドル円を1万通貨単位でデイトレードしていた。この時期はそこそこ勝っていた・・・気がする。

2007~
いろいろなテクニカル手法、情報商材、ブログの手法を試す。
最初の頃より勝てなくなっていった。強制ロスカットはなかったが、資金は徐々に減っていく。損切りだけは必ず守っていたが、損切り貧乏で資金がショートする。

2008~
システムトレードに目覚めた。エクセルやシストレ商材を購入し、検証とトレードを繰り返すも、トレード開始直後にドローダウンに幾度となく遭遇する。トレードよりも検証にはまっていた時期。トレード自体は少なかったが、プラスになることはなかった。。。

2009~
システムトレードを見切りをつけ、再度裁量トレードに戻るも、基本的にトレードルールを守れない上に、そのトレードルールがない状態。当然資金は減る一方。後半はForex Testerとデモトレードで裁量トレードを練習し、デモではそれなりの結果が出せるようになった。

2010~
5万円からリアルトレード再開。
Forex Testerでリハビリ後、数ヶ月の停滞期を経て、プラス圏内に浮上。ようやく安定性が上がったトレードができるようになってきた。…というより、自分自身と向き合えるようになってきた?

2010~2011
状況の変化により、一時トレードを休業

2011/8~
少し余裕が出てきたので、トレード再開。

【取引手法】
負けても勝っても1日1回のみエントリー。
主にボラが高い時間帯に動いた方向へエントリー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。