スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上昇

昨夜何があったか知りませんが、
株価も為替も上げているようですね。

そのおかげで、またエントリーのタイミングがやってきそうです。
しかし、戻すときのスピードがものすごい・・・。

チャートを見る限り、明らかに下げトレンドの真っ只中にいるとはいえ、
安易にショートすると食われそうな勢いだな~。

どちらにしても、期が熟すのを待つしかない。



スポンサーサイト

トレード終了。全ポジ手仕舞いました!

予定通り、システムの調子が上がってきて、
トレード終了位置までパフォーマンスが上がってきたので、
今回のトレードはこれでひとまず終了です。

やはり僕はスキャルよりもスイングの方が向いてるのがわかりました(^^)
また、スキャルよりもスイングの方が取引コストが安くなるのも
一つの要因でしょうか。

スキャルはどうしても、利幅が少なくなってしまいます。
一回のトレードで抜く利幅が少ないと、必然的に枚数を上げる必要出てきます。
そうすると、利幅がまた小さくなる→枚数を上げる。という繰り返しに陥ります。(僕の場合)
こうなると最悪で、たった10pipsすら抜けなくなってしまいます。
1万通貨で10pips抜いてたときに、負けると10万通貨で1pips抜けばチャラじゃんとか
考えたりします。そして泥沼にはまっていくんですよね・・・ズブズブズブ。
なので今後、デイトレやスキャルはやらないと思います。(たぶん、いやおそらくw)

今回の損益を時系列順に列挙してみました。
結果的にユーロドルは全弾プラス決済。
ドル円は逆に全弾マイナス決済でしたが、
綺麗な損小利大になっていてトレードもルール通りでき、
途中の最大含み損も -15,000ほどだったので心理的にも
あまり負担はありませんでした。
今後もこの状態を維持していければなと思います。


通貨 B/S ロット 建値 → 落値 損益(獲得pips)
--------------------------------------------
USDJPY B 10,000 91.17 → 88.98 -21,900(-219)
EURUSD S 10,000 1.3707 → 1.3201 +45,418(+506)
EURUSD S 10,000 1.3707 → 1.3121 +52,347(+586)
USDJPY B 10,000 91.17 → 89.75 -14,200(-142)
EURUSD S 10,000 1.3237 → 1.2866 +33,304(+371)
EURUSD S 10,000 1.3125 → 1.2866 +23,250(+259)

合計: +118,219(+1,361pips)


次のトレード開始まで、またしばらく時間がかかると
思いますが、それまではのんびり自分の時間を過ごしたいと思います。
(トレード中ものんびりでしたけど^^ 心理的にという意味で。)

今回の収穫は豊作でした。
相場の神様ありがとう♪



フィボナッチーゾンとはなんぞや!?

昨日限りのユーロドルの逆指値オーダーが刺さっていました。
すごいボラティリティですね。ユーロドルで一日200ポイント以上平気で動くんだから^^

今日は昨日とは一転して一気に含み益に戻りましたが、
システムのパフォーマンスが上がっているので、そろそろ打ち止めになりそうです。
パチスロでいったら、そろそろ大当たりが終了するとき!?
(パチスロやらないんで、わからないですが)
今日、1.3000を割り込んで引けたら終了かな。

さて、例によってヒマなので、クリック証券のFXニュースなどをみていたら、
「フィボナッチゾーン」なるものでテクニカル分析をしているレポートがちらほらありまして、
興味があって調べました。

PFZONE

赤い点線が、バランスポイントと呼ばれるところで、所謂平均値。
上下の斜線は、第一レジスタンス・サポートゾーン、青線が第二レジスタンス・サポート
ゾーンとなっています。

なるほど・・・。
まあ、結局はピボットに毛が生えたみたいなやつなんですね。ふむふむ。

で、計算式ですが、これは至って単純で、
ピボットから算出した各抵抗・支持ポイントにフィボナッチを適応するだけです。
(具体的なやり方は、Google先生に訊いて下さいw)

主にレンジを特定するのに使用できそうですが、経験上、ピボットで
逆張りすると死亡するはずなので、これをトレンドフォローに組み替えて
上げるほうが機能しそうですね。
一見、上手くいきそうな気がするんですが、ポンドなんかで、これを
そのまま使うと落ちてきたナイフが頭に突き刺さるのでやめましょうね^^

つまり、レジスタンス・サポート付近で逆指値買いなどのやり方です。
後は、今のシステムに取り入れているやり方で、システムのパフォーマンスが
過去のパフォーマンスを参考にある程度低下した状態でのエントリーを行う
方式でいいかなと思います。

ただ、逆張りでも、ゾーン買い、ゾーン売りなど、ある程度エントリーを分散して
フィルタリングすれば使えるとは思いますよ。・・・たぶん。
逆張りが好きではないので、僕はやりませんが(^^)



現状その②

週明け、ユーロドル、ドル円ともに上昇してます。
ドルを買っていて、ユーロドルを売っているので、
ある程度ヘッジになって含み損が幾分か相殺されてるので、
変化なしです。

明日20日にオバマ大統領の就任式があるので、
上昇しているようですが、単なるお祭り騒ぎの一時的な上昇なのでは!?
と、収穫を夢見ています。
途中で天変地異が起こって全ての作物がダメになるということも考えずに・・・(^^;

このまま上昇トレンドへ乗るという気配はあまりしないので、
しばらくしたら、また下落基調に戻るような気がします。

・・・と、まあ、ヒマなので予想してみました。
まあ、要するにやることないんですわ(笑)

本日限りのオーダー、ユーロドルの逆指値売りを注文してますが、
大分、下値なので、刺さりそうもないですし。

引き続きゆっくり、経過を見守ることにします。
ええ・・・。

現状

昨日、ユーロドルのショートを新たにポジり、
一時、200ポイント以上の含み益でしたが、
今日は上げ上げされて、一転、含み損に^^;

ただ、ドル円ロングの含み損が減ってきたので、
それほどでもないです。

実際調整も入るだろうし、今日は金曜日だし。
依然としてやっぱりリスクは下方向かなと考えると、
このままホールドでいいと思います。
…って自分を勇気付けています(笑)

下手に首を突っ込むと、結局、チャートに振り回されて、
くたびれ損ならいいですが、下手すると口座に激震が走り兼ねないので^^;

ま、現状いいかんじでシステムがワークしてるんで、
このまま信じようと思います。



ユーロドル考察

ユーロドルのポジポジは全て利食い完了しました。
依然として、下値は模索するものと思われます。
ここは着実に戻りを売って行くのが安全でしょうか?

EURUSDD155

日足ターゲットは、1.2500ドル付近かな。
ドル円も87円前半までは落ちそうな予感はします。

・・・と予想はしてみましたが、
結局システムのサインに従う、使用しているシステムの
トレード開始のON/OFF以外は裁量ではないので、予想するだけ無駄です。

じゃあ、なんで予想したのか?
それは、ヒマだからw

ヒマなので、メジャーな通貨全てに対応したシステムでも作ろうか
検討してみます。これなら、トレード頻度も少しは上がるでしょうから(^^)

ただ、相場はやっぱり一日一回程度でいいですね。
他の時間を有効に使いたいのでスキャルは今後も封印します。



収穫♪

仕事を終えて、知人と飲んだ後の帰りの電車で
ユーロドルの約定メールが飛んできました。
無事リミットに刺さって決済。

熟れた実となって収穫できました。
さて、後は残るドル円のロングポジションですが、
これがどうなるかですね。

ただ、現時点では仮にロスカットになったとしても、
トータルプラスにはなるので、元本割れする心配はなくなりました(^^)


EURUSD 10,000 S 1.3707 → 1.3121 +52,347円


依然としてトレード開始条件はクリアしていますので、
そろそろ次のシグナルが出るかなと思います。



2ポジ手仕舞い完了

システム的裁量トレード開始しました。
ホールドした4万通貨のうち、2万通貨が決済されました。

ドル円は損切りになってしまいましたが、ユーロドルの利益を
伸ばすことが出来、無事、リミットに刺さって終了。

残りの2万通貨の経過は引き続き見守っていくつもりです。
とりあえず、幸先のいいスタートを切れた感じでしょうか!?

残りのポジションも順調に含み益で推移中。(^^)
「蒔いた種しか収穫できない」
残りの作物も無事収穫できるといいな^^;

USDJPY 10,000 L 91.17 → 88.98 -21,900円
EURUSD 10,000 S 1.3707 → 1.3201 +45,418円

合計: +23,518円



トレードの開始位置

以前、システムの構築に参考にしていたEST(旧さるばり)ですが、
単純なシステムで複数のポートフォリオを形成してトレードし、
リスク許容度を超えたタイミングでストップの使用を中止するというもの。

多数のシステムを持っていればワークするものだけを選定して、
トレードするという考え方ですが、これは、システムの調子が良いとき
もしくは、調子が戻ってきたタイミングでトレードを開始するというのと同義です。

それなら、はじめからシステムの調子、仮にシステムのヘルスメータを設け、
それを監視し、然るべくタイミングでトレードを開始・終了すればよいと思う。

たとえば、ブレイクアウトシステムをメインに運用している場合、
基本的にトレンドフォローのため、勝率は低い。
これはブレイクアウトが騙しである可能性が高い確率で発生するからだと思う。
だが、このときエントリーしたと仮定して、その後一定の含み損の期間を経たあと、
そのまま巡行する場合を見越すなら、この含み損がある程度発生したところで
エントリーすればよい。そうすればトレンドフォローでかつ、損切りまでの距離も
短く抑えられると考えている。

金曜日にエントリーしたポジションもその考えで持った。
現在、含み益で推移中・・・。この後の展開を見守ろうと思う。



トレード開始しました!

いやー、まだまだシグナルが出るのは先かな~?と思っていたのですが、
今朝ふとシグナル出てるかも?と思って確認したところ、
見事点灯していましたのでエントリーしました(^^)

週末、しかも雇用統計を控えている状態でエントリーですが、
これが吉と出るか凶と出るかは、神のみぞ知るですね。

2通貨ペアに対して、1万通貨ずつ、計4万通貨のエントリーです。
直近の成績が良いので、それほど落ち込まないとは思うんですけど・・・。
後は利食いできるように祈るだけでしょうか(笑)


チャンスを待つ

スプレッドも戻ってきましたので、
ちらほらトレードを開始されている方もいるようですね。

僕もチャンスを伺ってますが、まだシグナルが発生していないので、
相変わらずノートレードです。
ただ、ひたすら虎視眈々とその時を待っている感じですね。

トレードされてる方なら誰でも経験していると思いますが、
何回かに一度、自分でも意味不明なトレードをする場合があります。
今年はそれを限りなくゼロに近づけるべく忍耐強く条件になるまで
待って行おうと思ってます。

また、今年は複利で積極的にまわすつもりなので、投下資金が消える覚悟で
行きます^^;

どこかで破産するかもしれませんけど・・・。

ドル円上抜け

USDJPY0107

ドル円上抜けましたね。
95円は確実にタッチしそうです。
そこを超えれば100円を目指す感じでしょうか。

ちなみに今年はまだトレードしてません。
しっかりチャンスを伺ってトレードしたいと思います。

それとまたしばらくはスイングに徹するつもりなので、
当分の間、スキャルピングは自粛します。


2009年の目標

明けましておめでとうございます。
今年もよい年であるように日々精進していこうと思います。

さて、早速ですが今年の目標を。
去年は、前半システムトレード、後半は裁量をメインとしてきましたが、
今年はズバリ「システム的裁量トレード」を目指します。

どういうことかというと、システムトレードで構築されたルールに則り、
トレードのタイミングを裁量で決めるということです。
これは、調子が悪いときは何をしても負けるという裁量の欠点を
補うための措置とできること。そして、何より負けを許容し、
精神的な負担を軽減するためでもあります。
(システムでも調子が悪いときは負けまくりますがw)

また、トレードのルールそのものよりも、ポジションサイジングと
トレードの精度を求めており、より高いトレードのレベルの向上を目指します。

基本ロジックをトレンドフォローにし、特定の相場でしか昨日しないシステムではなく、
ロバスト性を考慮した極めて再現性の高いシステムになる(かもしれない)
ルールを検証し、それにポジションサイジングを組み込んだものを作成しました。
前者は単利で、後者は複利です。


【単利】
fx-tanri

勝率: 69%
PF: 3.64


【複利】
fx-fukuri

勝率: 69%
PF: 7.33



えっと…複利だと80億を超えますが、まあこれはトラタヌですね^^;
ただ、直近の成績を見ても大きく落ち込むところがないので、
これをベースにトレードしていこうかと思います。



現在の閲覧者数:
アクセス数:

プロフィール

たみー

Author:たみー
FX暦だけは無駄に長い。
2010年に30万だけ勝ち逃げしてから相場から離れていましたが1年ぶりに返ってきました。


【相場暦】
 2006/4からFXを開始し、2010/1現在のFX投資暦は約3年半。
FX⇒225先物⇒商品先物⇒225オプション⇒FXという経緯。
なぜか、現物株や投信などの経験はなし。

【トレード年表】
2006/4~
外為どっとこむで1000通貨からトレード開始。
手数料があり、スプレッドも広かったのでデイ~スイングでトレードしていた。NZドル円を1万通貨単位でデイトレードしていた。この時期はそこそこ勝っていた・・・気がする。

2007~
いろいろなテクニカル手法、情報商材、ブログの手法を試す。
最初の頃より勝てなくなっていった。強制ロスカットはなかったが、資金は徐々に減っていく。損切りだけは必ず守っていたが、損切り貧乏で資金がショートする。

2008~
システムトレードに目覚めた。エクセルやシストレ商材を購入し、検証とトレードを繰り返すも、トレード開始直後にドローダウンに幾度となく遭遇する。トレードよりも検証にはまっていた時期。トレード自体は少なかったが、プラスになることはなかった。。。

2009~
システムトレードを見切りをつけ、再度裁量トレードに戻るも、基本的にトレードルールを守れない上に、そのトレードルールがない状態。当然資金は減る一方。後半はForex Testerとデモトレードで裁量トレードを練習し、デモではそれなりの結果が出せるようになった。

2010~
5万円からリアルトレード再開。
Forex Testerでリハビリ後、数ヶ月の停滞期を経て、プラス圏内に浮上。ようやく安定性が上がったトレードができるようになってきた。…というより、自分自身と向き合えるようになってきた?

2010~2011
状況の変化により、一時トレードを休業

2011/8~
少し余裕が出てきたので、トレード再開。

【取引手法】
負けても勝っても1日1回のみエントリー。
主にボラが高い時間帯に動いた方向へエントリー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。