スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年はくりっく365に資金を移します

いよいよ年末も近づいてきました。
今年のトレード成績はどうだったでしょうか?

年初からFXのシステムトレードを中心に多数のポートフォリオで運用し、
後半から初めて225オプションを始めました。

オプションは、まだ手探り状況で安定した収益を得られるという感じには
なっていませんが、大したケガもなく、トレードの可能性が広がった気がします。
特に、実践して始めて理解することが多いと感じました。
 ノーリスク・ノーリターンは、実際のトレードだけではなく、生活面でも共通する
部分だと思います。やってみて初めてわかる。失敗は成功の母ということですね。


さて来年は、オプション取引の方も充実させていきたいと思います。
そこで、現在店頭で取引しているFXの資金を一部、くりっく365へ資金を移します。

理由は、先物やオプションとの損益通算のためです。

現在運用しているシステムは、くりっく365のシステムの特性上、
通貨ペア不足と取引開始時間の関係で完全移行はできなくなるため、
裁量の余地が多くなると思われます。今後よりいっそう計画的な
トレードが求められると思いますが、今年よりも前進できるように頑張ろうと思います。

そして、来年は、自動売買による運用を実現させていたいですね。

それでは、よいお年を!!

スポンサーサイト

今年最後のトレード!?

値洗いベースで、+500円ほどの含み益で推移していますが、
4限月の板が出ていないので、仕切りたくても仕切れない状況です。
もともと、1月のSQまでホールドする予定なので構わないが・・・。

03P130 150x2 買建 -> 85(-65x2)
02P130 70x4 売建 -> 35(35x4)

差引: +10円
手数料差引:+8,000円ほど。

上記のプットは先週金曜に仕切ったが、
スリッペで大分利益が削られてしまった。

尚、現在のポジションのまま年越しすることになることは必至なので、
ポジションで買い玉デルタを強めた以下のポジションを追加してヘッジ。

03P120 20x7 買建
03P135 90x1 売建

これで、維持証拠金は3万ほどに抑えられるので追証の危険性も低いだろう。

日経平均は、15600円近辺で推移しているが、ここから積極的に
買い上がって行く可能性は少ないと思っている。

個人的に15850円辺りまでくれば、プットの買いデルタ強めで
仕込みたい。(飽くまで短期で)

それと、オプションは、ある程度相場の先行きからチャンスを狙って
ユニットを構築した方がいいだろう(当たり前)

ユニットを組むポジションは、事前に吟味しているのですが、
「どこで」とるのかはあまりルール化されていない状態だ。

自分が持っているポジションから、収益化されているものとされていないものを
見れば、どういうときのとったポジションがよくない状態なのかある程度
わかるので、その辺を参考に調整して行きたいと思う。

今後はチャンスと思われる局面では、買いのデルタを強める方向で行きたい。


【スプレッド戦略で感じたこと】
 レシオスプレッドやカレンダースプレッド辺りは、
相場が急騰急落時に仕掛ける方がプレミアムの乖離が
少なくて収益化されやすい。

自動売買対応のブローカー

以前、自動売買システム、トレードステーションの購入を検討していたのだが、
初期投資費用が意外と高く貧乏トレーダーには、できるだけケチりたい部分だったので、
購入に踏み切っていなかったのだが、無料の自動売買ソフトで有名なMeta Traderに対応したブローカーをネットでみつけた。

ODL Secutiriesという海外の業者なのだが、日本語対応スタッフもいるということで、(HPも日本語)口座開設を申し込んでみた。

HPでは運転免許証不可となっているが、問い合わせてみたところ、
現在は容認しているとのこと。

ただし、その他住所確認ができる証明書が2点必要となる。
これ、FX業者としては最多じゃないでしょうか^^;

Meta TraderのExpert Advisorに対応しているため、自動売買も可能である。

尚、余談だが、この業者は、金や原油といった先物も取引できる。
取引する予定はないが、さすが海外のブローカーといったところか。

現在のポジションを整理

オプションは、スプレッドで組むとプレミアムが相殺されるため、
少ない証拠金で、ユニットを組めるのはいいのだが、
ついつい、ポジションを積み増してしまうので、この辺で自粛したい。

12/18~
---------------
02P130 - 売建 70 x4
03P130 - 買建 150 x2

12/19~
---------------
02C160 - 売建 180 x1
02C160 - 売建 175 x1
04C170 - 買建 120 x2
04C170 - 買建 125 x2

12/20~
---------------
02C160 - 売建 140 x1
03C165 - 買建 150 x1

12/21~
---------------
03C165 - 買建 140 x1
03C170 - 売建 75 x2

   デルタ ガンマ  ベガ  セータ
-------------------------
合計 0.02  -0.032  31.87  6.02

・・・ほぼ毎日、建て玉しているではないか^^;

一応、デルタがほぼフラットでタイムディケイとベガ狙いになっている。
カレンダースプレッド系(期近売り、期先買い)は、ほとんどこの形になるようだ。

因みに、12/19に建てた2限月間スプレッドは、セータがプラスなのに、買い建ての
デルタがプラスになっているという不思議なポジションだ。
通常、買い建てのデルタが売り建てを上回るには、どうしてもセータがマイナスに
せざるを得ないのだが、デルタ、ガンマ、ベガ、セータの全ての数値がプラスに
なっている。

これは、上昇したら利益になるのは勿論。停滞しても、タイムディケイで
稼いでくれるはずである。(たぶん)

今年も残すところあと僅か、今年のトレードはこれで最後としたい。
とかいいながら、来週もトレードしてたりして・・・^^;

コールの上昇とセータの二重取り

ここ2,3日は、15000円前半でかなり揉み合ってますね。
15000円台が堅い感じはします。依然として下落リスクはあると思いますが、
ここいらで一つ調整があると睨んでコールの買い建て中心のポジを追加しました。

02C160 180 x1 売り
02C160 175 x1 売り
04C170 120 x2 買い
04C170 125 x2 買い

   デルタ ガンマ  ベガ セータ
--------------------------
合計 0.09  0.003  43.07  0.67

もろ、IVの上昇狙いなのがわかると思います^^;
ですが、上昇を狙いながらも、思うように上昇しなかった場合は、セータで稼ぐ
といった感じです。下落した場合は、先日建てたプットのポジションが
上手くヘッジしてくれるでしょう。

損益曲線ですが、短期で上昇すれば・・・
OP1219


上昇せずもしくは、レンジ停滞なら・・・
OP1219-2


なかなか、歪ですが、いけそうな感じじゃないですか?

ただし、13500以下まで急落した場合は仕切りなおしをせざるを得ないでしょうけど。

上昇しないもしくは、じりじり上昇の場合、
ホールドは、長くても40日前後ぐらいまで。それ以上ホールドしても、
収益化されないだろうと思うので、タイムリミットは1/20ぐらいまでかなと思ってます。

短期で急騰すれば、+300円ぐらい行く可能性もありますが、
恐らく13500~16500ぐらいの範囲になりそうなので、平均150円ぐらいでしょうか。

プットのスプレッド追加

日経平均が下げ止まった感じですので、プットでのスプレッドを追加。
下げても、14000円ぐらいで止まるだろうと思うので、プットで
タイムディケイを狙います。

02C130-70 x4 売り
03C130-150 x2 買い

多少デルタが傾いているので、リスクがあるかと思いますが、
14000円ぐらいまでの急落が起こらなければ、セータの値が
高いので収益化されるかと思います。

ちなみに、以前建てていたプットポジションは、損切りしました。
コールの建て玉は利が大分、乗ってきましたが、来年のSQ日まで
ホールドします。16500円ぐらいまで回復してくれれば、
買い建てのプレミアムで結構な利が乗りそうです。

4限月は、板が出ていないのが多い&出来高が少ないので、
なかなか指値が刺さりませんね。こちらは、状況を見ながら、
指値を調整して約定させていくしかない感じです。

尚、コールでのポジションは各限月でいろいろ組み合わせを分析してみましたが、
リスクに見合わないポジションとなりそうなので、様子見で行こうと思います。

PCを整理していたら・・・

PCの中身をいろいろ整理していたら、昔作曲した楽曲が出てきました。
しかも、ちゃっかり楽譜も作っていたんです(笑)

こうみえても、その昔、作曲家を目指していたのですが、(マジ?)
途中で断念してしまったというヘタレですが、よかったら、聴いてみてください。

この曲、ピアノソロなのですが、ピアノが苦手なので何度も録り直した記憶があります。
たぶん、今となってはもう弾けないでしょう(^^;

♪楽曲はこちら

ついでに楽譜も
⇒楽譜はこちら
※右クリックで対象ファイルを保存で保存できます。


最後に作曲した楽曲は、2006年でした。
作曲しなくなってから、まる1年が経つんだなーと思うとちょっと寂しい気持ちになります。

ときどき、感動できる本や映画、ドラマなんかを観た後は、創作意欲を掻き立てられるのですが、そのときだけになっちゃうんですよね。

あぁ、あの時は情熱はいずこへ・・・

そして、今は、全く関係ないトレーディングをやってから不思議です。
まあ、科学的統計的に開発されオプション取引でも、実際のトレードは科学的でなければ
いけないかというとそうではないと思います。

そこは、一種のアートといわざるを得ない面もあるのではないでしょうか?

…と、適当にまとめてしまいました^^;



二段仕込

12月限がSQを迎えたので、今日また新たに仕切りました。
だんだんポジションの増えてきたので。証拠金に気を配りながら
ユニットを構築していこうと思います。

昨日、急落した影響で、OTMのプットのIVが上昇していたので、
「おっ、これはレシオスプレッドの仕込み時か?」と思ったが、
レシオを組むにはクレジットで組まないといけないので、どうしても
必要証拠金が多くなってしまう。よって今回は見送った。

そして今日、また、同じようなユニットを展開。

02C170 105円 x4 売建
03C175 105円 x4 買建

これって、結局カレンダースプレッド?って感じだが、
証拠金も20万ほどで維持できる。

ちなみに、現在は下落リスクを考慮してコールのみで建てているが、
これにもし、プットを追加した場合、損益曲線は標高が低いショートストラングルのような
形になる。
 単純なネイキッドの売りよりも収益を上げられる可能性があるのと、
リスクを抑え、必要証拠金も抑えられるのでこちらの方が得策だと思っている。

基本的に、セータとガンマ、IVを注視しながら見ていて有利なものを
選定していってるのだが、性格上セータで削られるの嫌なようなので、
上昇リスクをとってでもセータで稼ぐといった手法になってきた(笑)

そもそも、オプションの根底には「相場の上げ下げは予想できない」
という発想から来ているので、こういうやり方が王道なのかもしれないw
(単にあまり戦略を知らないだけだがw)

将来的に、状況に合わせてさまざま戦略を組めるようになりたいものだ。

尚、4週間後の収益目標は100円程度。

前回構築したユニットは、現在50円程度の含み益となっている。
あとは、プットのポジションはどう処分するかだ(笑)
建玉当初よりもデルタが傾いてきたので、上昇した場合は、損切りする予定。

コール2ユニット手仕舞い

12/10に仕切ったポジションのうちの2ユニットを手仕舞いした。

【1】
01/180C 15円x2枚 売建 → 4円(+22円)
01/175C 30円x2枚 買建 → 10円(-40円)

損益:-18円

【2】
02/185C 15円x2枚 買建 → 15円(0円)
02/175C 85円x1枚 売建 → 50円(35円)

損益:+35円

[ 合計:+17円 ]


後で建てたプットのポジションだけまだ、残している。
こちらは、現在含み損。これはもう少しホールドしておくつもり。

尚、タイムディケイ狙いで構築したユニットは、順調に含み益となっている。
これは、このまま来年まで持ち越す予定だ。
16000円台に回復したところで、損益+80円ぐらいか・・・。

このまま暴落して15000円台まで突っ込んでもプレミアムの受け取りの利益で
終わるだけなので、問題ないだろう。

今後予定としては、SQ通過後の月曜日に構築するポジションをゆっくり吟味する。
下落リスクがある内は、コール中心のポジションで、せっせと、タイムディケイだけを
バカみたいに狙って行こうと思っている^^

トレードジャーナル

トレードジャーナルとは、売買記録という意味だ。

日々のトレードの雑感や、損益履歴、ポートフォリオ表(ポジション表)、
取引銘柄の価格の推移などなど。

今は、マイクロソフトのエクセルという非常に便利なツールがあるので、
こういうのを記録するには非常に楽になったと思うが、
やはり、「毎日」つけていくというのが大事だろうと思う。

一度サボってしまうと、なかなか復帰できないので、できるだけ
毎日の生活の中の一部にできるようにするのがベストだと思う。

特にオプションは、ウォッチする数値が多いため、その記録が増えるが、
ポジション表などは、自分で管理していないと、どれとどれが1ユニットなのか
わからなくなってしまうので、これは毎日つけている。

そういう意味でも、建てたポジションを自由に管理できる機能が
取引ツールに備わっていたらどんなに楽だろうなと思っているので、
是非、証券会社に実装してもらいたい(笑)

尚、ほとんどのデータはエクセル管理だが、一つだけノートに記録しているのがある。
それは、ポジション計画表だ。

これは建てているポジションを、相場の状況に応じて臨機応変に対応する
必要があるため、逐一エクセルに記録する方がメンドクサイということ、
利益目標と損切り、戦略やポジションユニットの候補や逆行時の対処法、
デルタやセータといった数値も計算して記入している。
これらを書き殴っているもので、まあ、どちらかというとメモに近い。

面倒かもしれないが、これが意外とやってみると重要だということに気づくし、
こうして纏めたアイディアがトレードの役に立つこともあると思うので、
是非、つけてみることをオススメする。

戦略変更!

現在、ベガ狙い(結果としてそうなってるw)のポジションとなっているが、
セータがヘッジできていないため、短期で上下どちらかに動く必要がある。

買い中心だと、どうしても時間が不利に働いてしまうことがわかった。

そこで、ここは
日経平均は17000円をつけるのには一ヶ月以上はかかりそうなので、
ここは、タイムディケイ狙いで行こうと思う。
これなら、もうすぐSQを迎えるため、一限月繰り上がり期近のプレミアムは急激に剥げていき、収益化されるはずだ。

現在のポジションは、少しずつ手仕舞いして、以下のポジションを展開。

03C180 - 90円 x1枚 買い
01C170 - 95円 x1枚 売り

03C180 - 90円 x1枚 買い
02C175 - 95円 x1枚 売り

   デルタ ガンマ ベガ セータ
--------------------------------
合計 -0.08 -0.018 5.98 3.62

収益予想は、セータから概算すれば…

((01C170 + 02C175) - (03C180 + 03C180)) x 保有日数

となるので、一ヶ月の保有で計算すれば、

((5.7561 + 3.9092) - (2.9886 x 2)) x 30日 ≒ 110円程度

損益分岐点がちょうど17000円なので、一ヵ月後に
17000円を超えなければ利益になるという作戦だ。

17000円を超えた場合は、順次手仕舞いを行えばよいだろう。

12/11時点での状態
OP1211


30日後の01/10の状態
OP0112


損益も、110,000円ほどだから、上記のセータから計算した値とほぼ一致する。

これであれば、

利益となるケースは、

・1ヶ月以内の17000円までの上昇ならば、利益
・横這いで推移した場合は、当初のセータ値から計算した利益
・下落した場合は、差引プレミアム分利益


となる。
逆に損失となるケースは、

・日経平均が17000円以上を1ヶ月以内に超えた場合

SQまではホールドする予定はないので、プレミアムが剥げた時点で買い戻せばいいだろう。
明日から徐々にポジションを構築していこうと思う。

プットのユニット追加

ドルが上昇しているので、翌日の日経平均は窓明け上になりそうだが、
とりあえず、プットのユニットを追加してみた。

一応、下落リスクを懸念してのことなのだが、
場合によっては、途中で手仕舞いを行うつもりで以下を追加

02/135P 105円(120円) x1枚 売り
02/125P 40円( 50円) x3枚 買い

評価損益: 15円

【現在のポジション】

(1).
01/180C 15円( 7円) x2枚 売り
01/175C 30円(20円) x2枚 買い

評価損益: +4円

(2).
02/185C 15円(15円) x2枚 買い
02/175C 85円(75円) x1枚 売り

評価損益: +10円

[ 合計: +29円 ]
※終値ベース


(1).のクレジットスプレッドは、上昇したら、途中で手仕舞い
下落時は、そうでなければ、満期まで保有。
16500円を超えたら、手仕舞いの予定。

ちなみに、下落時に対応できるように今日新たに追加したプットの
ユニットでの損益曲線は、こうなった。
OP1210


とりあえず、上昇下落どちらにも対処できる形にはなったが、
結局のところ、一体何を狙っているのかわからない状態だ(笑)

デルタ ガンマ ベガ セータ
---------------------
0.00  0.012 8.74 -3.89

いつの間にか、デルタニュートラルの状態になってる…。
これって、結局のところ、IVの上昇でしか利益にならないってことか?

タイムディケイを狙っていたわけじゃないので、セータがマイナスなのは
構わないが、デルタが0って、どうなのよw 利益になるのかな?

これ観てる熟練のオプショントレーダーにとっては、滑稽な状態なのだろうと思うが、
とりあえず、実践しながらやっていくしかないので、これで良し^^;

でも、あまり、ポジションを持ちすぎて収集がつかなくなりそうなので、
とりあえず暫くは、この状態で様子をみようと思う。

ちなみに、この3ユニットで、維持証拠金は、5万円強。
30万足らずの資金でも保有できるので、スプレッドは資金が有効に使えるなと実感。

せいぜい、頑張ります^^



日経225戦略

12/7時点での日経平均は、15950円程度。
依然としてリスクは↓方向だと思っているので、このまま高値を追いにいく
展開になりにくいと判断し、上値が重い展開が予想されるとして、
以下のスプレッドでポジションを展開を試みようと思う。
とはいえ、上昇リスクも考えて、もう1ペアを展開。

【1】
01/180C 15円 x2枚 売建
01/175C 30円 x2枚 買建

【2】
02/185C 15円 x2枚 買建
02/175C 85円 x1枚 売建

デルタ ガンマ ベガ  セータ
---------------------------
+0.09 +0.010 +3.91 -1.11
-0.07 -0.006 -5.34 0.86

計 0.02 0.004 -1.43 -0.25


オプションシミュレータでシミュレーションした結果がこれ↓
OP1207


…下落を狙うつもりだったはずなのに、
上昇にバイアスがかかっている状況になってる^^;

一応、上がっても下がっても大丈夫な状態になってるので、
…まあ、これはこれでいいか。

ちなみに、

【1】の利益目標は、120円程度。

【2】は利益目標は、40円程度
損切りは、日経平均が16500を超える50円程度に設定。

というような戦略で行くつもり^^;
さてさて、どうなることやら。

システム不調

ウイークリーシステムが不調だ。
おそらく、本日までの確定損で最大ドローダウンは更新するだろうから、ここからどうするか検討した。

次週のトレードで、勝ちトレードとならなければ、一時システムの稼動を見送りにするかとも考えたが、2003以前のバックテストでは、最大ドローダウンが4,000pipsの状態もあったので、下のような案で検討。

案としては、

(1).システムのそのままの枚数で大波を被る覚悟で稼動する。

(2).枚数を減らしてトレード。その後、ドローダウンが-4000pipsになった時点で、システムストップ。

(3).システムを完全に停止。そのかわり、デイリーシステムに枚数を割り当てる。

(4).今月のみシステムを完全ストップ。デイリーのみ稼動し、その間、ウイークリーに割り当てていた枚数をデイリーに割り振る。

と考えた末、結論を出したのは、(4)の方式。
1月までウイークリーはストップして、デイリーに枚数を割り当てる。

その後もシミュレーションによる売買を続け、成績が戻った場合に再開。戻らなかったら、そのまま次月まで見送るという方針である。

これで、デイリーまで最大ドローを更新されたら、今年のトレードは、ドローダウンで終了である(笑)

ま、税金が安くなっていいというメリットはある(笑)
年初から最大ドローダウンを更新されるよりずっとマシである。

オプション再開

FXはシステムトレードで、引き続き運用していく予定だが、
いつの間にか離れていたオプションをそろそろ再開しようと考えている。

最初のころは熱をあげて勉強をしていたのだが、そこから徐々に遠ざかっていき、恋人との自然消滅的な状態だったので、これを気にちょっと本気でやろうと思う。

225オプションは、知っている限りではデモ取引があるところを知らないので、結局実弾でやるしかないのだが、小額で小さめなユニットでスプレッドを組む形で行うつもりだ。

Interactive Brokers(以下IB)のデモアカウントなら、225オプションをやれるらしいが、口座開設するのがそもそもめんどくさいので、却下。(誰かデモ取引できる証券会社があったら教えてください)

ま、デモトレードはあまり血肉にならないので、小額でも実弾を使用する方がいいと思っているが・・・。

今年は残りが少ないので、シミュレーションでつもり売買に徹するぐらいか。

とりあえず、オプションは素人なので、無難な戦略で行こうと思う。

ドローダウンの対処法

またまた、ドローダウンについての対処法を考えてみます。
ドローダウン時にシステムストップするやり方は、一応の答えとしては
適性かもしれませんが、さもすると、ドローダウンから回復する瞬間を
逃してしまう可能性も孕んでいると思います。

ドローダウンをシステムストップと考えるのではなく、
自分が取れるリスクの限界をシステムストップとして、その半分に
あたるドローダウンがシステムの最大ドローダウンになるように資金を
調整する法がいいかもしれません。

もともと、取れるリスクを自分で決定しているのなら、
システムストップ時にドローダウンから回復するトレードを逃す可能性も
減るのではないだろうか?

これに加えて、さらに資金配分も考慮します。
当初の投資額を100%とし、10%のドローダウンを喰らうたびに、
当初の投資額から20%を差し引いた金額からポジションのサイズを決定するという方法です。

例えば、投資額が100万だとして、ここから10%のドローダウンを喰らうと投資額は90万となり、次のトレードからはもともとの資金が80万だと考えて、ポジションのサイズを調整するやり方です。

ただ、この場合の問題は、元本を回収するまでに余計に時間がかかるということでしょう。前半に急激なドローダウンを受けて、後半に調子が戻ったとしても、トントンで終わる可能性もありますし、下手するとマイナスで終わることもあるかもしれません。

対策としては、システムの最大ドローダウンを受けた時点を、全資金の10%に収まるように調整すれば、最大ドローダウン後は、ポジションのサイズを減らすということになるだけです。

本来なら、最大ドローダウンを更新したこの時点でシステムストップとしていた状態ですから、仮にそこから一気にドローダウンを回復したとしても、回復時に発生する利益をまるごと失うことはなくなりますし、そのままドローダウンを更新し続けたとしても、その損失は通常のリスクの80%になりますから、そのまま続けるようもマシなのかとなと思います。

結局のところ、これが答えだというものはやはり出せないでしょう。
飽くまで、自分の資金を守るための措置だとするしかありません。

投資は、種銭あっての世界ですから、資金を守ることが最優先と考えれば、
悪くはない戦略だと思います。

自分がとれるリスクの許容範囲を把握するしかないでしょうね。

現在の閲覧者数:
アクセス数:

プロフィール

たみー

Author:たみー
FX暦だけは無駄に長い。
2010年に30万だけ勝ち逃げしてから相場から離れていましたが1年ぶりに返ってきました。


【相場暦】
 2006/4からFXを開始し、2010/1現在のFX投資暦は約3年半。
FX⇒225先物⇒商品先物⇒225オプション⇒FXという経緯。
なぜか、現物株や投信などの経験はなし。

【トレード年表】
2006/4~
外為どっとこむで1000通貨からトレード開始。
手数料があり、スプレッドも広かったのでデイ~スイングでトレードしていた。NZドル円を1万通貨単位でデイトレードしていた。この時期はそこそこ勝っていた・・・気がする。

2007~
いろいろなテクニカル手法、情報商材、ブログの手法を試す。
最初の頃より勝てなくなっていった。強制ロスカットはなかったが、資金は徐々に減っていく。損切りだけは必ず守っていたが、損切り貧乏で資金がショートする。

2008~
システムトレードに目覚めた。エクセルやシストレ商材を購入し、検証とトレードを繰り返すも、トレード開始直後にドローダウンに幾度となく遭遇する。トレードよりも検証にはまっていた時期。トレード自体は少なかったが、プラスになることはなかった。。。

2009~
システムトレードを見切りをつけ、再度裁量トレードに戻るも、基本的にトレードルールを守れない上に、そのトレードルールがない状態。当然資金は減る一方。後半はForex Testerとデモトレードで裁量トレードを練習し、デモではそれなりの結果が出せるようになった。

2010~
5万円からリアルトレード再開。
Forex Testerでリハビリ後、数ヶ月の停滞期を経て、プラス圏内に浮上。ようやく安定性が上がったトレードができるようになってきた。…というより、自分自身と向き合えるようになってきた?

2010~2011
状況の変化により、一時トレードを休業

2011/8~
少し余裕が出てきたので、トレード再開。

【取引手法】
負けても勝っても1日1回のみエントリー。
主にボラが高い時間帯に動いた方向へエントリー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。