スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/1の週のシグナル更新しました

10/1の週の売買シグナルを配信します。

先週の売買結果は以下の通りでした。

EURUSD 買い 1.4092 → 1.4261 +169pips
USDJPY 買い 115.35 → 114.83 -52pips
GBPUSD 買い 2.0207 → 2.0468 +261pips
USDCHF 売り 1.1715 → 1.1642 +73pips
EURJPY 買い 162.57 → 161.53 -100pips ロスカット
GBPJPY 買い 233.18 → 231.88 -130pips ロスカット
AUDJPY 見送り 0pips
NZDJPY 買い 85.86 → 84.86 -100pips ロスカット

合計: +121pips

今週は、マイナスかな~と思っていたら後半戦で脅威の巻き返しでした。
+121pips(スワップ含まず)で僅かながらプラスで引けでした。

これまで収益結果は以下の通りでした。

08/27の週: -500pips
09/03の週: -313pips
09/10の週: +799pips
09/17の週: -88pips
09/24の週: +121pips

8月累積:-500pips
9月累積:+519pips

合計:+19pips

とりあえず、薄利ではありますが若干のプラスですね。
これまでのフォワードテストもそれほど問題はなさそうです。

ただ、やはり最終的にプラスにはなっているものの、
途中のドローダウンが大きいので正直、精神的に厳しいという部分も
あります。^^;

10/1の週の売買シグナル

そして…

来週も相変わらず、「買い」シグナル多発です。
下落リスクあるんちゃうか?という僕の意志など知らぬ存ぜぬという感じで、
ひたすら「買い」街道をまっしぐらです!!


スポンサーサイト

9/24の週のシグナル更新しました

9/24の週の売買シグナルを配信します。

先週は、マイナスで終りました。
前半は、ほとんどロスカットされましたが、
ロスカットされた通貨が4つあったわりには、
大きな損失を出さずに済みました。
要因は、残りの3通貨が検討し、ほぼ損失を相殺できたことでしょう。

先週の売買結果は以下の通りでした。

EURUSD 買い 1.3870 → 1.4086 +216pips
USDJPY 買い 115.25 → 115.33 +8pips
GBPUSD 買い 2.0063 → 1.9913 -150pips ロスカット
USDCHF 売り 1.1888 → 1.1720 +168pips
EURJPY 買い 159.91 → 158.91 -100pips ロスカット
GBPJPY 買い 231.30 → 230.00 -130pips ロスカット
AUDJPY 見送り 0pips
NZDJPY 買い 82.19 → 81.13 -100pips ロスカット

合計: -88pips


9/24の週の売買シグナル

来週も相変わらず、「買い」シグナル多発です。
「買い」好きなシステムというわけではないんですけどね^^;

来週でまる一ヶ月なります。
今月は、累積プラス高を超えられるかそこに注目したいですね。


通貨オプション!!

225オプション取引をちょこっとやっていますが、
この場合のヘッジ対象は225となります。当たり前ですが^^;

225オプションやっていて感じたことはズバリ!

出来高が低い

スリップする

約定しにくい

などなど。
例えば、3限月ファーアウトのATMのポジションなどは、
出来高はよくて300ぐらいです。

つまり、大量に100枚ぐらい売り買いすれば、
自分で値段を動かすことも可能です。

また、成行きで売買すると、スリップが多発し、
ちょっとスリップしただけで、損益が数万円も違ってきます!
しかも、証拠金も高いし!

なんか、文句ばっかですが、
225先物のヘッジとして使えばかなり安全に運用できるものだとは
思います。

さて、FXでもオプションを使えたらいいなと思って
いろいろ検索していたら、ありましたよ!通貨オプションが!

サムライFXで取り扱ってます。

しかも、出来高は世界規模なのでめちゃ高いです!
なんてったって、実需がいますからね!トヨタとか。

さらに、ストライクプライスも225オプションでは500円刻み
だったのに対し、通貨オプションは1銭刻みで指定可能!

つまり、いつでも権利行使が可能なのです。
ということは、通貨オプションは、アメリカンタイプのオプションですね。
(225オプションは、ヨーロピアンタイプ)

当たり前ですが^^;225オプションと同様、
デルタ、ガンマ、セータ、ベガがあります。

証拠金も安くてすむのもいいですね。
クレジットスプレッドなどの戦略も使えるし、FXとの連携で、
多彩な戦略を組めそうな予感大です!

実際にどうトレードに生かせるかは勉強する必要がありますが、
シストレも頭打ち状態の中でいい打開策になるかもしれません。

FXA証券のCT用トレーディングシステム利用の休止

現在、FXの情報商材の中には、CMSやFXA上の
システムで起動できるトレーディングシステム(CT)が数多く出回っているようですが、

つい最近、FXA証券からこんな内容のメールが届きました。

-以下抜粋

最近、弊社為替証拠金取引システムであるチャートトレーダーのオプション機能である"トレーディングシステム"のプログラムにつきまして、種々のお問い合わせをいただいております。
 その中に、複数の業者がプログラムを独自に開発し、情報商材として販売しているとの報告をお客様側より何件か受けております。
弊社HPのよくある質問にもありますように、弊社としては、それらの販売を一切認めておらず、また、許可する事もない旨を予め謳っておりますが、中には弊社と関係があるように見せかけて、また、利益が確実だとして、販売している悪質なケースもあるようです。 当該システムは、お客様が独自に開発・利用いただくためにご提供しているものです。

さらに、昨今、マーケットの状況が不安定となる状況が多発し、システム取引で想定通りの約定が出来ないケース増大しているため、弊社と致しましては、当該機能の今年末をもっての休止を含め、トレーディングシステムの機能の見直しを検討しております。

--ここまで

以前、このトレーディングシステム用のシステムを
作ろうと思ったことがありましたが、上記の内容も含め、
いろいろと問題があるのを知っていたので、作成しようとは
思っていませんでしたので、これによって僕自身に
何か影響が出ることはありませんが、
情報商材を販売している人は大打撃でしょうね。

CT用のシステムは怪しさ満点の為、そもそも購入する気も
起きませんが、テクニカル指標をこねくりまわして作った
システムである以上、カーブフィッティングとしか考えらない
システムが多いので、これを機に淘汰されていけば
商材マーケットも少しはマシになるのでしょうか^^;

FXウイークリーウッドペッカーのアタッチメント

鞘取りシステムの作成に予想以上に四苦八苦しています^^;
よく考えてみれば、必ずしもペアでヘッジする必要はないなと思い、
3通貨~4通貨でヘッジしてもいいような気がします。

例えば、ドル円とクロス円は連動する傾向にあるので、

USDJPY B x1
CADJPY B x1
CHFJPY S x2

とか、

EURJPY B x1
AUDJPY B x1
NZDJPY S x1
CADJPY S x1

などなど。
基本的にドルを基軸にして思惑の方向に行けば、大きく利食い。
意に反して大暴落しても、損失が少ないか、
逆にヘッジポジションが利益を出すというのが一番理想ですが、

なかなか上手くはいかないものです。
完全な相関性がないのがその原因の一つでしょうけど。

基本的に指値でエントリーし、例えば3通貨でヘッジする予定でも
残りの2通貨が指値で約定しない場合は、そのまま片張りで利食い
となれば最良だと思っています。

また、計画的なナンピンも取り入れると大分よくなるのでしょうが、
少ない資金で回すためにそれほど大きく証拠金を使用することも
できませんし・・・と悩んでいます。

適当に作ったシステムで運用するわけにはいかないので、
ちょっと腰を据えてじっくり作りこみたいと思います。

ま、それはさておき。

ウイークリーウッドペッカーシステムですが、

このシステムの欠点を補うアタッチメントシステムを作ろうかとも
思っています。

実地検証を兼ねた実弾でのフォーワードテストでも、システムの数値と
実際のトレードでの成績に大きな乖離はありませんので、
本格資金を投入してもいいかなと思っています。

ただ追加するのもアレなんで、このシステムの負けを補う
アタッチメントシステムを作成し、組み合わせれば、
ポートフォリオを安定化させることができるかなと思っています。

単にウッドペッカーの間逆のシグナルがでれば事実上ヘッジできますが、
通貨ペアを他で代理にして、アタッチメントシステム単体でも、
右肩上がりの収益を出せるようにできれば、ドローダウンを収斂する
ことができ、収益もアップさせるのではないかと。


アタッチメントシステム…

うん、いいかも…。
検討してみようっと。

FXの鞘取り版システム

この三連休でFXの鞘取りシステムを考えていたのですが、
どうしても、以前作成した
『キャリーヘッジシステム』
スペックを超えることができませんでした。

なので、これをベースに作りこみをしようと考えています。
仕掛けのタイミングを工夫したところ、スペックは多少改善
できそうです。

あとは、通貨ペアを増やすとかいろいろやってみるしかないですね。

『前回のスペック』

【トレード数】 112
【年間平均トレード数】 18.67
【最大ポジション数】 6
【勝率】 74.11%
【勝ち平均】 209pips
【負け平均】 172pips
【損益率(ペイオフレシオ)】 1.22
【プロフィットファクター】 3.11
【最大ドローダウン(確定損)】 1,364pips
【最大含み損】 2,084pips


『仕掛け改善後』

【トレード数】 112
【年間平均トレード数】 18.67
【最大ポジション数】 6
【勝率】 75.00% 0.89% 改善
【勝ち平均】 176pips 33pips ダウン
【負け平均】 137pips 35pips 改善
【損益率(ペイオフレシオ)】 1.29 0.07 改善
【プロフィットファクター】 3.85 0.74 改善
【最大ドローダウン(確定損)】 804pips 560pips 改善
【最大含み損】 1,178pips 906pips 改善

となりました。

・・・なんていうか、もうこれでいいじゃないかと^^;

勝率が75%なのに、損益率が1.0を超えているという時点で
破産する可能性が限りなくゼロに近いでしょ?・・・と。

確かに鞘取りは片張りシステムよりも明らかに優位性があるようですね
トレード回数が少ないのが難点ですけど^^;

意外と、安心して複利でまわせるような気がします。
30万ぐらいから開始して、徐々に投入金額を増やしていったら、
こまめに出金しておけば安心して運用できそうです。

9/17の週のシグナル更新しました

先週は、大きく利食いをすることができました。
ほぼ2週分のドローダウンは挽回できましたね。

先週の売買結果は以下の通りでした。

EURUSD 買い 1.3779 → 1.3872 +93pips
USDJPY 買い 112.85 → 115.31 +246pips
GBPUSD 買い 2.0275 → 2.0125 -150pips ロスカット
USDCHF 売り 1.1861 → 1.1888 -27pips
EURJPY 見送り 0pips
GBPJPY 買い 228.83 → 231.48 +265pips
AUDJPY 買い 93.27 → 92.37 -90pips ロスカット
NZDJPY 買い 77.59 → 82.21 +462pips

合計: +799pips

次週もほぼ先週と同じで「買い」を支持しています。
あるいみ「男」なシステムといえます^^;

あのー、このシステム「買い」シグナルしか出ていないように
思えるかもしれませんが、ちゃんと「売り」のシグナルも出るんですよ^^;
大局的なトレンドを捉えようとするシステムなので、暴落だろうが
持合だろうが、トレンドに沿ったシグナルを出すのです。

ということで、来週のシグナルはこちらです。
9/17の週の売買シグナル

システムに期待しなくなった途端、収益を上げ出すようなので、
ある意味、過度な期待はしない方が得策かもしれませんね。

とりあえず、僕はリミッタ-までの資金は捨てるつもりで
やってますが、リミッタ-にかかるころには意外と資金が増えてるかも
しれません。

来週も粛々とトレードします。

ヘッジ主体のシステム。その名も『Spread-FX』

オプショントレードを素人ながらやっていますが、
安定的に稼げるようになるまでまだ時間がかかるので、
基本的にシステムトレーダーである僕にとってシステム運用は
そう簡単に切り離せるものではありません。

ただ、オプションをやっていて気付いたのですが、
FXのシステムもヘッジ主体で組むことが長期的に
ワークするシステムを作れるんじゃないのか!?
と考えるようになりました。

そこで、各通貨のボラティリティを利用し、
ヘッジに重きをおいたFXシステムの開発をはじめました。
というか、はじめていますが…^^;

キャピタルを狙うための攻撃的な部分と
損失をできるだけ抑えられるようなステキなシステムを目指しています。

『損小利大』の損小をできるだけ小さく抑えるには、
ヘッジをかけるしかありません。

今回は、スワップ狙いのホールド&ヘッジではなく、
あくまで攻撃的なキャピタル狙いのヘッジです。

システムの構想はかなりできあがっています。
「ウイークリーウッドペッカーシステム」はキャピタル重視でヘッジが弱いですが
今度作成するシステムは、ヘッジ重視のキャピタル狙いで行きます。

精神的につらいので勝率も6~7割まで上げ、
それでいて、PFとペイオフレシオは「ウイークリーウッドペッカーシステム」の同等か
それを超えることを目標とします。(可能だと思っています。)

もちろん、ヘッジ主体ですので、トレード自体にヘッジをかけた上、
複数の通貨ペアでも取引を行うことによって、より収益の安定化と
ヘッジの強化を図り、ドローダウンを極限まで抑えます。

後々、中期型の「ウイークリーウッドペッカーシステム」と
ヘッジ主体の中・長期型のシステム「スプレッドFX」の二本立てで
FX運用を確立させていこうと思います。

ですので、「ウイークリーウッドペッカーシステム」とは別口座で運用するための資金配分を考えています。

できたら、「ウイークリーウッドペッカーシステム」同様、
シグナルの配信を行おうと思います。

まあ、一部の人しか観てない感があるので、配信する意味が
あるのかって話ですが、いいんです^^;

結局自分で運用しているわけなんで。

この三連休で作成するぞー!!

FXウイークリーウッドペッカーが巻き返しか?

FXのウイークリーウッドペッカーシステムですが、
現在かなりの含み益になっていますね。

【9/13 2:00現在】
EURUSD 買い 1.3783 -> 1.3896 +113pips
USDJPY 買い 112.89 -> 114.13 +124pips
GBPUSD 買い 2.0283 -> 2.0307 +24pips
USDCHF 売り 1.1861 -> 1.1853 +7pips
EURJPY 見送り
GBPJPY 買い 228.92 -> 231.70 +278pips
AUDJPY 買い 93.32 -> 95.91 +259pips
NZDJPY 買い 77.67 -> 81.30 +423pips

合計:+1,228pips

このまま、週末までいけば、2週分のドローダウンを全て
吹き飛ばして、一気に累積プラス高を更新となりますね。

先週末は雇用統計の悪化から暴落するのではないかと
睨んでいたのですが、まったく意に反した結果となっていますね

相場ってのはつくづくわからんものです^^;

もちろん、この状態から一気にロスカット地獄へ
叩き落される可能性もあるわけですけど^^;

とりあえず、最大ドローダウンを更新するまでは
黙ってシステムに従えってことなんでしょうかw

今週のシグナルを見送った方がいいでしょう!なんて偉そうな
忠告を守って見送った方がいましたら、申し訳ありませんm(_ _)m

クレジットスプレッド&デルタ・ニュートラルで差益を狙う

現在保有中の建て玉は、未決済のため、
その間、シミュレーションをやってみることに。

日経平均が上がることを狙い、ヘッジをかけて
コールをクレジットスプレッドで建ててみるとします。

【11月限のオプションボード】
opb


11月限18500 Call 20 と
11月限17000 Call 190 で行うとすると、
売り建てのデルタを相殺するためには、

0.24 ÷ 0.04 = 6枚

で、最低6枚必要になる計算です。
これでもいいのですが、今回は上昇を狙い
ギリギリまで建てるとして、9枚ほど買い建てをしてみます。

プレミアムが 20円x9 = 180円になり、
売り建てのプレミアム 190円から差し引くと+10円は
利益を確保しながら、上昇を狙えます。

11/18500 Call 買建 20 x9
11/17000 Call 売建 190 x1

そうすると、損益グラフはこんな感じに。
porg


500円ほど急上昇すれば、
差益+70円ほど得られます。

ただし、ちんたら上昇されると、
買い建てのセータが売り建ての3倍以上ありますので、
時間価値の減少にさらされます。
つまり、短期決戦で決着がつかなければ早々に撤収した方が
よさそうです。
たぶん、それ以上粘っても、利益にならない可能性が高いでしょうね。

それでも、損失を限定しながら、
積極的に差益を狙っていく場合に使えそうです。
損失もこの合成ポジションなら、最低+10円は確保できますし。

上がってよし!下がってよし!という感じでしょうか。

オプショントレード実践開始!

ついに、というかとうとうというか、
オプショントレードを開始しました。

基本的な知識などはある程度身につけましたが、
あとは実践を通して経験していくしかないと思い、
踏み切りました。

やっぱり、実践が一番覚えるのが早いと思います。
用語にギリシャ文字が使われたり、書籍をみても、
トレードにどう役にたつのかわからない数式が
出ていて、個人投資家の参入を阻んでいる感がありますが、
実際にやってみると案外こんなもんなのかと思うはずです。

・・・たぶん。

尚、証券会社は「松井証券」を使用しています。
原資は、30万ほどと小資金ですが、
上記の証券会社ですと、買い建てのプレミアム代金で
売り建てをすることができるので、僅かな資金で
運用できるので、資金効率が高いです。

ただし、約定通知がないのがネックですが^^;

現在の建て玉のリスクパラメータ

 限月 デルタ ガンマ[100円辺り] ベガ[千円] セータ[千円]
---------------------------------
200710 -0.04 -0.031 -19.18 10.30
200711 0.06 0.030 33.17 -9.01
合計 0.02 -0.001 13.99 1.29

デルタが 0.02 とかなり低いので
リスクは抑えられている感じですね。

損益は後日報告します。

9/10の週のシグナル更新しました

今週も負け続きでした。

EURUSD 買い 1.3627 → 1.3766 +131pips
USDJPY 買い 115.76 → 114.16 -160pips ロスカット
GBPUSD 買い 2.0163 → 2.0285 +116pips
USDCHF 売り 1.2076 → 1.2146 -70pips ロスカット
EURJPY 買い 157.76 → 156.76 -100pips ロスカット
GBPJPY 買い 233.39 → 232.09 -130pips ロスカット
AUDJPY 見送り 0pips
NZDJPY 買い 81.00 → 80.00 -100pips ロスカット

合計: -313pips

かなり、惨敗目な感じですね^^;
ドローダウンも順調に嵩んできています。

9/10の週の売買シグナル

リミッタ-までまだ余裕がありますが、
先週の金曜日に発表された雇用統計が芳しくなかったため、
113円台まで食い込んでいるようです。

システムは相変わらず、買い優勢を判断していますが、
クロス円で買いを行うのはドローダウンを重ねるだけの可能性があります。

ドル円は110円をつける可能性も出てきました。

僕はリミッタ-を割るまでこのままトレードを続行しますが、
相場が落ち着くまで一時、システムを休止させる方がよいかもしれません。

シグナルでトレードしている方は、各自で判断して行って下さい。


カレンダースプレッドをやってみた

実際に建て玉してトレードはしていませんが、
カレンダースプレッドをシミュレーションで取引してみました。

実際はこんな建て玉はしないと思いますが、
シミュレーションということと素人ですので寛大に^^;

9/7 寄り時
10月限17000円 135 Call 売建 x1
11月限17500円 135 Call 買建 x1

9/7 引け時
10月限17000円 115 Call 売建 x1
11月限17500円 125 Call 買建 x1

という感じで、損益は

(125-135)x1 + (135-115)x1 = +10円

と手数料を差し引いたら薄利となりますが、
だいたいこんな感じでしょうか。

どんなに暴落しても、損益は±0円ですし、
意外とイケそうかも・・・とか思ってしまう。

もう少し、ホールドして、SQまで待てば、
10月限の売建が1限月に落ちて、
時間価値の減少(セータ)が増加するので、
収益化されるだろうと思います。

カレンダースプレッドなら、上昇相場で
有利な価格でポジションを取れれば高勝率で
利益を得られそうですね。

次は、クレジット・スプレッドを試してみたい
したいと思います。
(なにせ資金が少ないものですから)


うーん、なんか・・・オプションにハマりそうです^^;


イヴニング・セッション

日経225先物・オプション取引において、
今までは、前場(9:00~11:00)・後場(12:30~15:10)だったのですが、
それに「夕場」(16:30~19:00)が増え、取引時間が拡大されるようです。

しかも、9月18日から!
これにより、取引時間が延長されます。

目的は、大引け後の決算発表や海外市場の動向に対応できるように
するためと、投資家の確保、それと流動性の拡大だと思います。

これ事態は問題なく、むしろ喜ばしいことなのかもしれませんが、

しかし!

このイヴニング・セッションの開始により相場が転換し、
システムトレードに使用していたシステムが全く機能しなくなる可能性があるかもしれません。

また、商品先物市場もあまり知られていないかもしれませんが、
取引の24時間化が検討されているようです。

こっちは、完全に従来のシステムは使えなくなるかもしれません。
特に寄り引けシステムはゴミ箱行きになることは覚悟していおいた
方がよいでしょう。

オプショントレーダーに転向!?

ここ最近はオプションの勉強に費やし、

オプション道場

楽天証券の日経平均オプション口座

等を徘徊しながら、お勉強していました。

概ね理解できるようになり、実際の建て玉操作なども、
シミュレーションを経てテスト行うのみといった感じです。

合成ポジションによっては、損失限定で、利益追求ができ、
あわせて勝率も高く売買できそうですので期待感大といった感じです。

もう少し、シミュレーションでポジションを仮想で建ててみて、
どれぐらいの利益を見込めるのかなどを順次検討しながら、
来るべきトレードの日に備えておこうと思います。

松井証券は審査を無事パスできたので、後は開設を待つばかりです。
おそらく今週中には開設されるかと思います。
カブドットコムは、オプションボードを閲覧するためだけに開設中。

買いか売りかだけじゃなく多彩な戦略を立てることができる
オプションは、一般的な投資商品に比べて難解ですが、覚えれば
これほど良い投資商品はないのではないかと思っています。

オプション取引の結果を公表できる日も近い!?

ま、焦らずゆっくり勉強していけたらいいなと思います^^


オプションを勉強!!

つい先日、オプションをトレードに取り入れようと思い、
勉強しはじめました。

オプションは、投機としての戦略とヘッジとしての戦略
どちらも行うことができ、単純に上げ下げだけのものではないため、
多彩な戦略を立てることができるものなのですが、
それ故、いろいろと仕組みが複雑で敬遠していました。

オプション道場
↑ここで、一通り勉強しましたが、まだ理解できていない点が多いですね。

この状態ではあまりに無謀すぎてトレードできませんので、
カブドットコムに口座を開設して、オプションボードを見れる状態にし、
オプションボードを眺めながら、ゆっくり覚えていこうと思います。

果たして、理解できるだろうか…。

9/3の週のシグナル更新しました

こんにちは。

先週のシステムのシグナルの結果ですが、

EURUSD 買い 1.3668 → 1.3622 -46pips
USDJPY 買い 116.38 → 114.82 -160pips ロスカット
GBPUSD 買い 2.0128 → 1.9986 -150pips ロスカット
USDCHF 売り 1.2005 → 1.2075 -70pips ロスカット
EURJPY 買い 159.10 → 158.15 -100pips ロスカット
GBPJPY 買い 234.33 → 233.12 -130pips ロスカット
AUDJPY 売り 96.30 → 94.69 156pips
NZDJPY 見送り 0pips

合計: -500pips

と、みての通り惨敗でした^^;
しかも、月曜日に成行きで注文を入れる時間に1時間以上も寝坊で
遅れてしまったので、高値掴みとなり、ロスカットの幅を増幅させて
しまいました。

来週のシグナルも更新済みです。
9/3の週の売買シグナル

次も全玉の半数以上ロスカットを喰らってしまうと最大ドローダウンの
半分を示現してしまいます。

システムのシグナルは公開した途端、ドローダウンを喰らうというのは
なんなのでしょうね^^;

日頃の行いの結果でしょうか・・・
誰か教えてプリーズ!!

来週も淡々と頑張りマス!


現在の閲覧者数:
アクセス数:

プロフィール

たみー

Author:たみー
FX暦だけは無駄に長い。
2010年に30万だけ勝ち逃げしてから相場から離れていましたが1年ぶりに返ってきました。


【相場暦】
 2006/4からFXを開始し、2010/1現在のFX投資暦は約3年半。
FX⇒225先物⇒商品先物⇒225オプション⇒FXという経緯。
なぜか、現物株や投信などの経験はなし。

【トレード年表】
2006/4~
外為どっとこむで1000通貨からトレード開始。
手数料があり、スプレッドも広かったのでデイ~スイングでトレードしていた。NZドル円を1万通貨単位でデイトレードしていた。この時期はそこそこ勝っていた・・・気がする。

2007~
いろいろなテクニカル手法、情報商材、ブログの手法を試す。
最初の頃より勝てなくなっていった。強制ロスカットはなかったが、資金は徐々に減っていく。損切りだけは必ず守っていたが、損切り貧乏で資金がショートする。

2008~
システムトレードに目覚めた。エクセルやシストレ商材を購入し、検証とトレードを繰り返すも、トレード開始直後にドローダウンに幾度となく遭遇する。トレードよりも検証にはまっていた時期。トレード自体は少なかったが、プラスになることはなかった。。。

2009~
システムトレードを見切りをつけ、再度裁量トレードに戻るも、基本的にトレードルールを守れない上に、そのトレードルールがない状態。当然資金は減る一方。後半はForex Testerとデモトレードで裁量トレードを練習し、デモではそれなりの結果が出せるようになった。

2010~
5万円からリアルトレード再開。
Forex Testerでリハビリ後、数ヶ月の停滞期を経て、プラス圏内に浮上。ようやく安定性が上がったトレードができるようになってきた。…というより、自分自身と向き合えるようになってきた?

2010~2011
状況の変化により、一時トレードを休業

2011/8~
少し余裕が出てきたので、トレード再開。

【取引手法】
負けても勝っても1日1回のみエントリー。
主にボラが高い時間帯に動いた方向へエントリー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。