スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な感覚…!?

トレーディングが不思議なくらい順調だ…。

その契機になった時期は薄ぼんやりとしているので、はっきりと思い出せない。
だけど、その時期は、FXでプラス収支を必ずしも叩きださなくてもいいと思ったそのときだったことだけは覚えている。

それを期に、

…トレード機会にこだわらなくなった。

…利益を得ることに固執しなくなった。

…トレード(エントリー)する理由を探すのではなく、トレードしない勇気を持つようになった。

…自分自身のトレード手法にブレがなくなった。


そして、、、

…期待することを止めた…。



そのどれがこの結果をもたらしているのだろうかはわからない。だけど、おそらく、そのどれもが僕が僕らしいトレードをするためには、どれ一つとっても欠かすことのできないファクターなのだと思う。

利益を積み上げていける。トータルでプラスにできるという感覚を少しずつだが、獲得してきているのかもしれない。それと同時に、利益に対して熱狂的な喜びもなくなった。

なぜなら、次のトレードで、前回得た利益はなくなってしまうかもしれないという可能性を孕んでいるから…。

いつか絶対に訪れるであろう次のLCのために、少しでもそのバッファを確保しておくこと。LCを食らっても利益を残せるようにすること…。


今は、自分のトレード手法に関しては、既に習熟の域にいると少なからず確信できる。だが、洗練すべき点は山ほどある。

…リスクから逃げようとしてはダメだ。リスクを受け入れた上で、勝負をすること。
ポジションを取る位置として相応しいかどうかは、リスクに対する期待リターンにある。

自分が目論む期待リターンに対して、リスクが割に合うかどうかそれを注視する。


ストップまで待つ必要もないときもあれば、ストップまで待つ方がよい場合もある。

その上で損失は、できるだけシャープに切る。


課題は山積みだが、苦痛ではない。
それは自分にはできるということを、ここまでトレードで確認できたから。

いきなり変わろうとなんて、しなくていい。

大事なのは、一つ一つを確実に積み上げていくこと。そして焦らないこと。


今まで、負けトレード後に連敗していたのなら、少なくとも負けトレード後にトレードは控えるだけで回避可能だし、負け額が大きければ、精神的負担にならないようなロットに落とせばいい。


自分にできるほんのちょっとの変化を身体に馴染ませたら、次の変化のための準備を行う。

たぶん…。それだけ。

0722-2
《6/9~7/21のトレード履歴》
勝敗:32戦22勝10敗
勝率:68.8%
PF:2.26
損益率:1.02
獲得差益:474.68p

【考察】
勝率対する損益率が低い。この程度の損益率なら、勝率7割以上をキープするか、さもなくば、損益率を現在の1.5倍以上にすることが望ましいと考える。その一番の原因は利食いの早さで、損失と同等かそれよりも上回った段階で即切っていることだと考える。損益率の改善がトレードの安定性をより磐石のものとするため、これを意識してトレードするようにしたい。ただし無理は禁物。


《2010年の戦果》
期間:1/1~7/21
初期入金額:50,000円
現在残高: 301,784円
獲得利益: +251,784円
利益率:500.35%


スポンサーサイト

半年を経過して・・・

今年も早いもので、もう半年過ぎてしまいましたね。
年々時間が経つのが早くなっている気がして、トレード以外でもいろいろやりたいことがあるのに、やれてない自分がもどかしいです。実はヨガに興味があって、参加してみたいなーって思っているんですけど。。。

さて、今年は1月トレードを開始してから一度も退場を食らっておらず、その上、順調に損益も伸びてきています。最初の頃こそ、口座残高の上下が激しい毎日が続きましたが、最近はそういったことは起こっておらず、それどころか、プラス圏で推移できていることが何よりも嬉しいです。

…って言ってる傍から、退場食らってしまったりしないといいのですが・・・(笑)

年初に5万円を入金し、そこから紆余曲折あったものの、徐々に伸びていき、現在、残高が20万になっております。利率でいったら、300%超えなわけですが、実際問題、何では勝てるのかわからないって感じです(笑)・・・こんなんでいいのかな?

変わったことなんてあったかな…。言える事は、トレード手法があるときから(いつからか忘れた)ずっと同じやり方になっていること。他人のトレード成績が気にならなくなったこと。ポジションの含み損、含み益、エントリーすること自体がどこか他人事のような感覚なことです。…なんていうか、残高に対して興味ないって言うか。たぶん、自分のお金だという実感がないのかもしれません?RPGでいう、キャラクタのステータスみたいなもんです。

ちなみに、今年の7月19日からMJではレバレッジが50倍に下がるようです。ということで、その日が来る前にさっさと50倍に設定しなおしちゃいました。1枚辺り2.7万ぐらいですが、それほどレバを上げることがないので、まあ、別にいいかな。そろそろ、2枚ぐらいずつトレードしていければいいなと思っています。

焦らず、ゆっくり自分のペースで歩いていけばいいのですから。


0608

期間:1/1~6/8
初期入金額:50,000万円
現在残高: 200,448円
獲得利益: +150,448円
利益率:300.89%



メンタルコントロールって・・・?

トレードでよくメンタルが大事だ、資金管理が大事だ。という話はいろんなところから耳にすることだと思いますが、実のところ、「どうやら、メンタルや資金管理が大事だそうだ」という第三者視点でしか、見ておらず、本当に理解して実行するのは難しいと思う。

というのも、僕自身もその実を完全に理解しているわけではない。ただ、4,5年近くトレードしていれば、さすがに自分が負けるときのパターンや感情の起伏が勝敗を分けることぐらいは、少しは悟ってくるというもので、「大きく負けた」という事実は、「取り返さないといけない」という危険な行動の温床となるようです。

で、実際のところ、メンタルというのはコントロールするのはかなり難しいです。千日回峰行を成し遂げた行者でもなければできないんじゃないのか?ってぐらい難しいです。

そしたら、僕のような凡人は、危険な感情が巻き起こることを事前に阻止することを予防することがリスク回避になるのではないかと考えました。”予防に勝る治療なし”ということです。

そのために、損失を小さいうちにカットしておく。計上した損失が資金全体の1,2%程度ならばそれほど動揺することもない。それが、自分にとっての資金管理であり、メンタルコントロールなのかもしれないなと思っています。あまり急がずに、「複利で毎週これくらいノルマでこなせればいいな、うひひ」というような欲望丸出しでトレードしていてはいつかしっぺ返しが食らう。確かに複利でどんどん口座残高が爆発的に伸びていくブログなんかに遭遇すると、「よし自分も!」と思ってしまいがちだが、身の丈にあったトレードというのを知ることが一番だと考えています。


少しずつでもいい。着実にトータルプラスにできるようになること。そして、それを継続すること。今の自分に一番大切なことは、こういうことなんだと思っています。

今月後半は、ボラが高くなったこともあり、大幅に獲得利益を増やせました。リスクも上がっているので、増えた額にだけ気を取られず、これぐらいのリスクも存在していたことを頭に置きながら、来月もトレードしていきたいと思っています。

0530





久々の更新

ブログを1ヶ月更新してなかったのでブログに広告が表示されるようになってしまっていました。

トレードの方はちゃんとやっていたのですが、どうしても一度ブログをつけるのを止めると癖になってしまいますね。後ででいいや。後ででいいや…で一ヶ月です(笑)

23232

もう、ポンド円以外の通貨で一切取引していないので、他の通貨の状況を全く知らないのですが、最近は、ボラがとても高くなっていて、稼げるのと同時にリスクも高くなっています。慎重にかつ大胆に。それでいて冷静に相場の波に逆らわず、そして、固執せずにトレードしていく。ホント、これ以外にやれることはないと思ってます。

トレードは、あまりこだわりもなくなり、他人のトレード結果なんてのも全く気にならなくなってから、ようやくプラスを維持できるようになってきた気がします。達観したんでしょうかね?(笑)

とはいえ、やっぱり、何度か危険なトレードをするというのもあるので安心できないのですが、ちょこちょこでも勝てるようになってきたっていうの自分にとってかなり大きいです。

こうしてみると、トレードってホント地味な作業だなって思います。


トレード中心にならない=トレードに未練を持たない

気がついたら、今週も終わっていました。

仕事の方は、新人が入ってきて、指導する側に周り毎日忙しいながらも、充実した日々を過ごしています。もちろん、トレードもやっていますが、昔ほどトレードに躍起になることもなくなり、チャンスがなかったらトレードしない。勝っても負けても必要以上にこだわらなくなり、そうしてから成績が上がってきたように思います。

気がついたら、今週は勝率100%という結果を得ることもできました。また、枚数を積極的に増やして攻撃的なトレードをしようという感じも起きなくなり、投入時の資金が2倍ないし3倍になったときに枚数を1.5倍増やすというような具合であまり過剰なリスクをとらないようにしようと思っています。

というより、少しは自分のこともわかってきたか??

あと、気がついたら、順張りも逆張りもするようになっていました。ピボットとフィボナッチが僕にとって今のところ最強のツールになってます。

0409




現在の閲覧者数:
アクセス数:

プロフィール

たみー

Author:たみー
FX暦だけは無駄に長い。
2010年に30万だけ勝ち逃げしてから相場から離れていましたが1年ぶりに返ってきました。


【相場暦】
 2006/4からFXを開始し、2010/1現在のFX投資暦は約3年半。
FX⇒225先物⇒商品先物⇒225オプション⇒FXという経緯。
なぜか、現物株や投信などの経験はなし。

【トレード年表】
2006/4~
外為どっとこむで1000通貨からトレード開始。
手数料があり、スプレッドも広かったのでデイ~スイングでトレードしていた。NZドル円を1万通貨単位でデイトレードしていた。この時期はそこそこ勝っていた・・・気がする。

2007~
いろいろなテクニカル手法、情報商材、ブログの手法を試す。
最初の頃より勝てなくなっていった。強制ロスカットはなかったが、資金は徐々に減っていく。損切りだけは必ず守っていたが、損切り貧乏で資金がショートする。

2008~
システムトレードに目覚めた。エクセルやシストレ商材を購入し、検証とトレードを繰り返すも、トレード開始直後にドローダウンに幾度となく遭遇する。トレードよりも検証にはまっていた時期。トレード自体は少なかったが、プラスになることはなかった。。。

2009~
システムトレードを見切りをつけ、再度裁量トレードに戻るも、基本的にトレードルールを守れない上に、そのトレードルールがない状態。当然資金は減る一方。後半はForex Testerとデモトレードで裁量トレードを練習し、デモではそれなりの結果が出せるようになった。

2010~
5万円からリアルトレード再開。
Forex Testerでリハビリ後、数ヶ月の停滞期を経て、プラス圏内に浮上。ようやく安定性が上がったトレードができるようになってきた。…というより、自分自身と向き合えるようになってきた?

2010~2011
状況の変化により、一時トレードを休業

2011/8~
少し余裕が出てきたので、トレード再開。

【取引手法】
負けても勝っても1日1回のみエントリー。
主にボラが高い時間帯に動いた方向へエントリー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。