スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年ぶりに復帰

1年ぶりにトレードに復帰しました。
最後の記事が去年2010/8/8で、復帰した日が2011/8/21ということは、
ほぼ、1年ということになりますね。


この1年で環境に大きな変動がありました。
振り返ると1年で変わったことってかなり多い気がします。
ああ・・・悲しきかな時の流れ。


まあ、感傷にばかり浸ってもいられませんが・・・。

ブログのタイトルも「1日1トレードFX」に変更し、
また新たな気持ちでブログを再開して行こうと考えています。

なぜ、1日1トレードなのかについては、
時間に余裕ができたとはいえ、相変わらず本業が多忙なのと、
スキャルピングのように精神力が多きく疲弊するトレードは
もう、できないし。やりたくないからです。

また、勝ち負けが左右して、アボンしたトレードよりも、
熱くなって口座をショートさせる確率の方が遥かに高いことを
自分自身が知っているというのもありますが・・・。


だから、1日1トレード。


もちろん、トレードしなくてもオーケーです。
1日で1トレードまでしかトレードしないということです。

まあ、どうなっていくか分かりませんが、
地味なトレードブログになることだけは間違いないと思います(笑)

見てくれる酔狂な人がいたら、是非、あたたかく見守って
いただければ、これ幸いでございます。


スポンサーサイト

必要なのは、自分自身と向き合うこと


FXと出会って良かったなってことがあります。

それは、自分と向き合うことが多くなったことで自分自身を知ることができたからです。

自分を知るということは、自信を持つことと非常に密接なかかわりを持っていると思います。

自分には何ができて、何ができないのか・・・。何が好きで、何が嫌いなのか・・・

いいところも悪いところも全て含めて自分という存在を認識すること。

それが、自信というものだと思います。

FXをやっていると、その自分自信を良く知ることがまずは大事で、

それは、トレードスタイルを確立するためでもあり、負けの原因を知る手段に繋がります。

損切りができないのも、なんでできないのか?自分に問うことです。

僕は、早い段階から損切りはしてました。ただ損切り貧乏になって最終的に資金が枯渇して

いただけです。僕にとっては損切りよりも含み損を抱えることが苦痛でしたので、

損切りに対してはあまり躊躇はありませんでした。ですので、そういう悩みは

あまりなかったのですが、損切りができない周りの人達を第三者視点で観察した感想としては、

大抵の場合、プライドが邪魔してるんじゃないのかな?と思うところがあります。

負けるのが嫌い。負けを認めるのが嫌だ。

・・・たぶん、そういうことが大半なんじゃないのかな?と。

そして、これは社会的な地位が高い人や、頭の良い人ほどその傾向が強いようです。

不思議なものですね。。。

でも、これって当然なのかもしれません。

結局は今まで誰かと比較し、その中での自分の位置を相対的に確認できた世界で

生きてきたから。自分自身と向き合うことに慣れていないんだと思います。

そして、何よりも向き合うのは怖いんです。自分の未熟さを知ってしまうから…。

自分の嫌なところや、汚いところ。自分は完璧じゃない。だから間違うこともある。

それを認められない限り、トレードで勝つことは難しいと思います。

ですが、これは決して避けて通れない問題だと思うし、避けていたらダメなんです。

僕は、それに向き合いました。でも、変わったかどうか正直自分でも実感できていないです。

できていないけど、取引履歴を見てると、最初の不安定な時期と比べて、

明らかにトレードが洗練されてきてるなって感じることができるし、負けた後は

必ず負けるというトレードもほとんどなくなってきました。つまり、負けを引きずらなくなった

そう感じています。そして、その対価としてトータルでプラスにできるようになった。

少しは、潜在意識が書き換わったのかもしれませんね。

・・・

さて、トレードですが、5万円からはじめて、現在37万ちょいです。

当初の資金の6倍になりました。そこで、

この辺りで、後々のことを考え、くりっく365の口座に移管しようと思い、

現在使用しているMJで全額出金予約をしました。

僕のスタイルは、デイトレがほとんどですが、抜け幅を考えても、今のくりっくの

水準ならば手数料を差し引いたとしても、それほど大きな問題にならないとの判断でです。

またいつか、MJに戻ってくるかもしれませんが、今までお世話になったMJには

感謝しています。お世話になりました。


8D

8


損失について

7月のトレードが終わり、それなりに満足の行く結果となりました。

5万円から開始した現在の残高は30万ちょいとなり、枚数は10万円毎に1枚追加していますので、現在の取引ロット数は3枚です。枚数が増えても実際にやることは増やす前と何も変わらないです。

含み損益の変動が枚数に比例しますが、損益はなるべく相対的に考えるようにしていますので、それほどストレスになっていません。例えば、3枚張って、損益が15000円だとしても、3万通貨で割ってしまって、今の含み益は50pipsだなと置き換えるようにしています。そうすることで、金額は意識するのではなく、獲得pips数のみで集中するようにするわけです。…金額の変動なんていうのは、インする前に事前に計算して想定済みとなるようにしています。

そのため、インするポイントは以前よりも吟味するようにしています。そこでインしたら、どこでロスカットするか、ロスカットした場合の損失はどれぐらいか?順行した場合は、どこが利食いの目安か、そのときのリターンはリスクに見合っているか?など一通り目処をつけます。

そうすれば、全てが自分が想定するパターンのいずれかに当てはまるので、急変にも対応できると思っています。

ただ、実際にインした後は、意外と直感に任せていたりもします。
大抵、なんかヤバそうだなという直感は割りと当たるものなので、そう感じたら薄利でも撤退するようにしているのです。僕の悪い予感はなかなか当たってしまうので(笑)



で、今まで、僕はリスクは少なければ少ないほど良いと思い、できるだけシャープにロスカットをしようと思っていたのですが、本当に大事なのは、リスクに見合ったリターンを狙っているかどうか?なのではないかと思うようになってきました。

僕の平均ロスカットは、だいたい30pipsぐらいなのですが、もし、60pipsのリスクが孕んでいるトレードになりそうだと思っても、期待するリターンがその数倍もありそうなら、インすべきと思っています。枚数を2分の1にしてエントリーすれば、損失はいつもと同じなわけですからね。

ということで、今は、リスクとリターンを強く意識してトレードしているつもりです。

73
《7/1~7/30のトレード履歴》
勝敗:18戦14勝4敗
勝率:77.8%
PF:5.78
損益率:1.62
獲得差益:468.89p

【考察】
勝率を上げられたことと、損益率の改善が図れたことが一番の良かった点でした。反省点は、後で考えるとエントリーすべきでないポイントがまだ存在しているところなので、この問題となっているトレードをできるだけ削減できるようにすることです。


《2010年の戦果》
期間:1/1~7/30
初期入金額: 50,000円
現在残高: 339,794円
獲得利益: +289,794円
運用利率: 579.58%



不思議な感覚…!?

トレーディングが不思議なくらい順調だ…。

その契機になった時期は薄ぼんやりとしているので、はっきりと思い出せない。
だけど、その時期は、FXでプラス収支を必ずしも叩きださなくてもいいと思ったそのときだったことだけは覚えている。

それを期に、

…トレード機会にこだわらなくなった。

…利益を得ることに固執しなくなった。

…トレード(エントリー)する理由を探すのではなく、トレードしない勇気を持つようになった。

…自分自身のトレード手法にブレがなくなった。


そして、、、

…期待することを止めた…。



そのどれがこの結果をもたらしているのだろうかはわからない。だけど、おそらく、そのどれもが僕が僕らしいトレードをするためには、どれ一つとっても欠かすことのできないファクターなのだと思う。

利益を積み上げていける。トータルでプラスにできるという感覚を少しずつだが、獲得してきているのかもしれない。それと同時に、利益に対して熱狂的な喜びもなくなった。

なぜなら、次のトレードで、前回得た利益はなくなってしまうかもしれないという可能性を孕んでいるから…。

いつか絶対に訪れるであろう次のLCのために、少しでもそのバッファを確保しておくこと。LCを食らっても利益を残せるようにすること…。


今は、自分のトレード手法に関しては、既に習熟の域にいると少なからず確信できる。だが、洗練すべき点は山ほどある。

…リスクから逃げようとしてはダメだ。リスクを受け入れた上で、勝負をすること。
ポジションを取る位置として相応しいかどうかは、リスクに対する期待リターンにある。

自分が目論む期待リターンに対して、リスクが割に合うかどうかそれを注視する。


ストップまで待つ必要もないときもあれば、ストップまで待つ方がよい場合もある。

その上で損失は、できるだけシャープに切る。


課題は山積みだが、苦痛ではない。
それは自分にはできるということを、ここまでトレードで確認できたから。

いきなり変わろうとなんて、しなくていい。

大事なのは、一つ一つを確実に積み上げていくこと。そして焦らないこと。


今まで、負けトレード後に連敗していたのなら、少なくとも負けトレード後にトレードは控えるだけで回避可能だし、負け額が大きければ、精神的負担にならないようなロットに落とせばいい。


自分にできるほんのちょっとの変化を身体に馴染ませたら、次の変化のための準備を行う。

たぶん…。それだけ。

0722-2
《6/9~7/21のトレード履歴》
勝敗:32戦22勝10敗
勝率:68.8%
PF:2.26
損益率:1.02
獲得差益:474.68p

【考察】
勝率対する損益率が低い。この程度の損益率なら、勝率7割以上をキープするか、さもなくば、損益率を現在の1.5倍以上にすることが望ましいと考える。その一番の原因は利食いの早さで、損失と同等かそれよりも上回った段階で即切っていることだと考える。損益率の改善がトレードの安定性をより磐石のものとするため、これを意識してトレードするようにしたい。ただし無理は禁物。


《2010年の戦果》
期間:1/1~7/21
初期入金額:50,000円
現在残高: 301,784円
獲得利益: +251,784円
利益率:500.35%


半年を経過して・・・

今年も早いもので、もう半年過ぎてしまいましたね。
年々時間が経つのが早くなっている気がして、トレード以外でもいろいろやりたいことがあるのに、やれてない自分がもどかしいです。実はヨガに興味があって、参加してみたいなーって思っているんですけど。。。

さて、今年は1月トレードを開始してから一度も退場を食らっておらず、その上、順調に損益も伸びてきています。最初の頃こそ、口座残高の上下が激しい毎日が続きましたが、最近はそういったことは起こっておらず、それどころか、プラス圏で推移できていることが何よりも嬉しいです。

…って言ってる傍から、退場食らってしまったりしないといいのですが・・・(笑)

年初に5万円を入金し、そこから紆余曲折あったものの、徐々に伸びていき、現在、残高が20万になっております。利率でいったら、300%超えなわけですが、実際問題、何では勝てるのかわからないって感じです(笑)・・・こんなんでいいのかな?

変わったことなんてあったかな…。言える事は、トレード手法があるときから(いつからか忘れた)ずっと同じやり方になっていること。他人のトレード成績が気にならなくなったこと。ポジションの含み損、含み益、エントリーすること自体がどこか他人事のような感覚なことです。…なんていうか、残高に対して興味ないって言うか。たぶん、自分のお金だという実感がないのかもしれません?RPGでいう、キャラクタのステータスみたいなもんです。

ちなみに、今年の7月19日からMJではレバレッジが50倍に下がるようです。ということで、その日が来る前にさっさと50倍に設定しなおしちゃいました。1枚辺り2.7万ぐらいですが、それほどレバを上げることがないので、まあ、別にいいかな。そろそろ、2枚ぐらいずつトレードしていければいいなと思っています。

焦らず、ゆっくり自分のペースで歩いていけばいいのですから。


0608

期間:1/1~6/8
初期入金額:50,000万円
現在残高: 200,448円
獲得利益: +150,448円
利益率:300.89%



現在の閲覧者数:
アクセス数:

プロフィール

たみー

Author:たみー
FX暦だけは無駄に長い。
2010年に30万だけ勝ち逃げしてから相場から離れていましたが1年ぶりに返ってきました。


【相場暦】
 2006/4からFXを開始し、2010/1現在のFX投資暦は約3年半。
FX⇒225先物⇒商品先物⇒225オプション⇒FXという経緯。
なぜか、現物株や投信などの経験はなし。

【トレード年表】
2006/4~
外為どっとこむで1000通貨からトレード開始。
手数料があり、スプレッドも広かったのでデイ~スイングでトレードしていた。NZドル円を1万通貨単位でデイトレードしていた。この時期はそこそこ勝っていた・・・気がする。

2007~
いろいろなテクニカル手法、情報商材、ブログの手法を試す。
最初の頃より勝てなくなっていった。強制ロスカットはなかったが、資金は徐々に減っていく。損切りだけは必ず守っていたが、損切り貧乏で資金がショートする。

2008~
システムトレードに目覚めた。エクセルやシストレ商材を購入し、検証とトレードを繰り返すも、トレード開始直後にドローダウンに幾度となく遭遇する。トレードよりも検証にはまっていた時期。トレード自体は少なかったが、プラスになることはなかった。。。

2009~
システムトレードを見切りをつけ、再度裁量トレードに戻るも、基本的にトレードルールを守れない上に、そのトレードルールがない状態。当然資金は減る一方。後半はForex Testerとデモトレードで裁量トレードを練習し、デモではそれなりの結果が出せるようになった。

2010~
5万円からリアルトレード再開。
Forex Testerでリハビリ後、数ヶ月の停滞期を経て、プラス圏内に浮上。ようやく安定性が上がったトレードができるようになってきた。…というより、自分自身と向き合えるようになってきた?

2010~2011
状況の変化により、一時トレードを休業

2011/8~
少し余裕が出てきたので、トレード再開。

【取引手法】
負けても勝っても1日1回のみエントリー。
主にボラが高い時間帯に動いた方向へエントリー

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。